C-200の写真
Accuphase  C-200
STEREO CONTROL AMPLIFIER ¥155,000

1973年にケンソニック(現アキュフェーズ)が発売したコントロールアンプ。1972年にケンソニック株式
会社として発足したアキュフェーズブランドの製品第1号がこのC-200とペアのパワーアンプP-300で,
当時,海外の高級機に負けない性能の本格的セパレートアンプの登場として話題になり,高い評価を得
ることとなりました。

C-200,P-300,T-100の写真

C-200の回路構成における最大の特徴は,すべての増幅段が2電源方式の直結アンプで,完全対称
プッシュプル方式を採用していることでした。これにより,NFBをかける前の裸特性の向上が図られ,こ
の設計はその後のアキュフェーズのアンプに引き継がれていきました。

イコライザー回路は,10石構成で,全段がPNPとNPNトランジスターを組み合わせた直結プッシュプル
構成となっていました。初段が4石構成のディファレンシャル型アンプ(差動アンプ),次に2段のバッファー
兼レベルシフトアンプが入り,終段が2石構成のプッシュプルアンプとなっていました。また,初段に供給
されるプラスとマイナスの電源には定電流回路が使用され,それぞれ1石構成のトランジスターが使われ
ていました。
イコライザー回路は,DISC1,DISC2と2系統のフォノ入力とL・Rのマイク入力に対応したもので,
RIAA用のフィードバック・ネットワークとマイク用のフラットなフィードバック・ネットワークの2系統のNFネ
ットワークが備えられていました。
DISC1には,負荷インピーダンスの3段切替(47kΩ,30kΩ,20kΩ)が備えられ,DISC1,DISC2
の両方に,カートリッジの出力に応じてゲインが10dBの範囲で変えられるDISCレベルコントロールが
備えられていました。また,RIAAのイコライザー特性を100Hzで0dB,+0.5dB,+1dBの3段に切替
えられるロー・エンハンスメント回路とサブソニックフィルター(25Hz・6dB/oct)も備えられているなど,
多機能なイコライザー回路となっていました。

イコライザー回路に続くハイレベルアンプは,6石構成の全段直結プッシュプルアンプとなっていました。
初段は,イコライザー回路と同じ4石構成のディファレンシャルアンプで,次段に2石構成のプッシュプル
出力段が続く構成となっていました。
トーンコントロールは,この段にあり,11接点のロータリースイッチによりステップ切替え式のNF型で,
TREBLE,BASSともL・R独立型で,ターンオーバー周波数も,2点(TREBLE 2.5kHz,5kHz
BASS 200Hz,400Hz)選択できるようになっていました。

フィルターは,DISCサブソニックフィルターの他,ハイフィルターが5kHz・12dB/oct,ローフィルターが
30Hz・18dB/octが装備されていました。フィルター回路は,ハイ,ローともに独立した2石構成のプッ
シュプルタイプのエミッタフォロアを使ったアクティブタイプのもので,これに続いて4石構成の全段直結
プッシュプル型のアウトプットアンプとなっていました。
ヘッドフォン専用アンプは片チャンネル8石構成で,出力段に純コンプリメンタリー直結方式が採用され
たAB級動作の本格的なものが搭載されていました。

C-200の内部

C-200は,コントロールアンプの名の通り,音質と多彩な機能の両立が図られていたことも大きな特徴
でした。これは,アキュフェーズが発足した時「マッキントッシュ社のようなアンプを作りたい。」という理想
を掲げてスタートしたということと無関係ではないといわれ,当初より多機能と音質の両立を図る設計思
想があったようです。
プログラムソースの多様化を見越し,いろいろな音響機器のテストも行えるように,DISC2系統,MIC1
系統,TUNER1系統,AUX3系統,TAPE PLAY3系統の合計10系統の入力端子と,MAIN OUT-
PUT2系統,TAPE REC3系統,HEADPHONE1系統,MONO OUTPUT1系統の7系統の出力端
子が備えられていました。このうち,MIC,AUX,TAPE PLAY,TAPE REC,MAIN OUTPUT,
HEADPHONEは各1系統ずつ6系統がフロントのサブパネル内に設けられ,使用上の便利さも実現し
ていました。TAPE3系統は,そのうちTAPE1−TAPE2の2系統の相互ダビングが可能となっていまし
た。
その他,特徴的な機能として,コントロールアンプでありながらフロントパネルにスピーカー切替スイッチ
が備えられていました。これは,手の届かないところにパワーアンプをセットした際に,別売の専用リレー
ボックスを用いてリモートコントロールでスピーカー・システムを切替えるためのもので,2組のスピーカー
を切替えるようになっていました。

内部は,中央部周辺にに大型の電源トランスとフィルターコンデンサーが配置され,各ユニットの基板が
プラグインされた構造の整然としたもので,メインテナンス性もしっかりと考慮されたものでした。また,
電源は,全増幅段が完全に定電圧化された電源より供給され,入力信号の強弱,一次側電源電圧の変
動に対してもきわめて安定した動作が実現されていました。

以上のように,C-200はアキュフェーズのコントロールアンプの第1号機として,機能と音質の両立をめざ
し,既に高い完成度をもっていました。ペアとなるP-300と組み合わせたその音は,中庸を行くバランスの
取れたものでしたが,「国産では珍しい,荒削りともいえる力強い音」と評されたこともあるほど,その音に
は力強さも持っていました。そして,このC-200は,C-200S(1977年),C-200X(1980年),C-200L
(1984 年),C-200V(1987年)とモデルチェンジを受けながらロングセラーモデルとなりました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



◎独創的なイコライザー回路
 ●差動増幅と全段プッシュプルで構成された
  高安定回路
 ●どんなパルスにも忠実に伝送する最大
  400mVrmsの入力Dレンジ
 ●プレゼンスを微細に調整する
  ロー・エンハンスメント回路
 ●10dBの変化範囲をもつDISCレベル・
  コントロール
 ●DISC1入力インピーダンス切替スイッチ
 ●ディスク専用のサブソニック・フィルター

◎幅広い変化特性をもつ
 トーン・コントロール

 ●200Hz,400Hzの変化点をもつ
 低音コントロール
 ●2.5kHz,5kHzの変化点をもつ
 高音コントロール
 ●トーン・スイッチ

◎ロー,ハイ・フィルター
 ●30Hz,18dB/octのローフィルター
 ●5kHz,12dB/octのハイフィルター

◎豊富な入・出力端子
◎3台のテープレコーダー接続可能
 独立したテープ・コピイ・スイッチ
◎ピュア・コン直結の専用ヘッドホーンアンプ
◎定電圧電源による安定化
◎オプションのリレー・ボックスで
 スピーカーの切替え




●C-200型保証特性●

周波数特性 
  
ハイレベル入力:20〜20,000Hz +0,−0.2dB 
DISC及びMIC入力:20〜20,000Hz ±0.2dB
高調波歪率 0.05%以下(20〜20,000Hz間,定格出力にて)
入力感度/入力インピーダンス 
  
DISC1              :2〜6mV/20kΩ,30kΩ,47kΩ
DISC2              :2〜6mV/47kΩ
MIC                 :2mV/47kΩ
TUNER             :200mV/130kΩ
AUX1,2,FRONT      :200mV/130kΩ
TAPE PLAY1,2,FRONT:200mV/130kΩ
定格出力/出力インピーダンス 
  
MAIN OUTPUT:2.0V/200Ω
HEADPHONES:0.4V/0.3Ω
TAPE REC OUTPUT1,2,FRONT:200mV/200Ω
MONO OUTPUT:0.42V/38kΩ
最大出力レベル
10V以上(歪率0.05%)
ディスク最大入力 400mV〜1.2Vrms(1kHz,歪0.05%)
400mVはDISCレベルコントロール最大(イコライザゲイン40dB)
1.2VはDISCレベルコントロール最小(イコライザゲイン30dB)
ゲイン TUNER,AUX,TAPE PLAY入力より
 TAPE REC OUTPUT:0dB
 MAIN OUTPUT    :20dB
 HEADPHONES     :6dB
DISC1,2,MIC入力より
 TAPE REC OUTPUT:40dB
 MAIN OUTPUT    :60dB
 HEADPHONES     :46dB
DISC1,2はレベル調整器付。−10dBまで調整可能
S/N
(定格出力にて,音量調整最大)  
TUNER,AUX,TAPE PLAY 90dB以上(定格入力)
DISC,MIC             74dB以上(10mV入力)
音量調整連動誤差   1dB以内
トーンコントロール 11接点ロータリー・スイッチによる2dBステップ切替式
左右完全独立型
ターンオーバー・ポイント 低音:200Hz,400Hz切替
                高音:2.5kHz,5kHz切替
変化範囲          低音:変化点 400Hz:±10dB(100Hz)
                         200Hz:±10dB(50Hz)
                高音:変化点2.5kHz:±10dB(10kHz)
                          5kHz:±10dB(20kHz)
DISCローエンハンスメント
(量感補償回路)
RIAA基準特性に対し,0dB,+0.5dB,+1dB (100Hz)
コンペンセーター 50Hz:+9dB (音量調整−30dBにて)
ターンオーバー250Hz
フィルター DISCサブソニックフィルター:25Hz(6dB/oct)
ロー・フィルター        :30Hz(18dB/oct)
ハイ・フィルター        :5kHz(12dB/oct)
使用トランジスター,ダイオード 80トランジスター,35ダイオード
電源及び消費電力 100V,117V,220V,240V,50/60Hz,  36W
寸法・重量 幅445mm×高さ152mm×奥行355mm  14kg

※本ページに掲載したC-200の写真,仕様表等は1974年の
 Accuphaseのカタログより抜粋したもので,アキュフェーズ株
 式会社に著作権があります。したがってこれらの写真等を無断
 で転載,引用等をすることは法律で禁じられていますのでご注
 意ください。

 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART5にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた 方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp