C-1の写真
YAMAHA C-1
NATURAL SOUND STEREO CONTROL AMPLIFIER
                              ¥400,000

1975年にヤマハが発売したコントロールアンプ。超弩級FETパワーアンプB-1とのペアを想定したコントロール
アンプとして開発された超弩級コントロールアンプで,あまりに凝った内容のためにB-1よりも発売が遅れたと
いわれています。高性能と多機能を両立させたヤマハの野心作でした。

C-1の最大の特徴は,ヤマハ・オリジナルのオーディオ用縦型FET3種と横型FET2種を駆使して信号経路を
全段FET化していたことでした。具体的には,信号経路を全段FET化した2種類のユニットアンプを組み合わせ
て信号経路が構成されていました。初段Nチャンネル差動増幅,2段目Pチャンネルソース接地,終段Nチャンネ
ルSRPPの3段直結回路によるユニットアンプ(A)は,イコライザー,トーンコントロール,フラットアンプなど比較
的増幅度を必要とする回路に使用されていました。このユニットアンプ(A)の初段の差動増幅回路には特性の
揃ったローノイズでGmの高いFETがペアで使用され,高耐圧FETによるSRPPの終段と合わせ,低雑音,低
歪率,高出力の特性を実現していました。初段差動増幅,2段目Pチャンネルソース接地,終段はNチャンネル
ソースホロアの3段直結回路のユニットアンプ(B)は,増幅度をあまり必要としない,AUX,TUNER,TAPE,
PRE OUTなどの入力バッファー回路に使用されていました。

イコライザー回路には,片チャンネルにユニットアンプ(A)を2つ使用し,NFB回路に時定数を持たないCR形を
採用していました。C-1のCR形イコライザーは,カートリッジの出力を前段のユニットアンプ(A)で増幅し,C,
Rで構成されたCR形受動回路を通り再びユニットアンプ(A)で増幅される構成となっていました。CR形イコラ
イザーの弱点許容入力とSN比については,ユニットアンプ(A)に+100V,−110Vの高電源電圧を定電圧
で供給し,60Vrms以上の出力を低歪率で得ることにより十分な許容入力とSN比を達成するとともに,後段に
続く多くの付属回路の影響を受けない安定度の高い回路としていました。また,±1%誤差の温度特性の小さ
な金属被膜抵抗と,温度による容量変化率の異なるスチロールコンデンサとマイラーコンデンサを組み合わせ
−10℃〜+80℃の広い範囲での容量誤差を±1%以内に納めたブロックコンデンサを使用し,RIAA偏差が
±0.2dB以内の高精度に仕上げていました。
PHONO端子は,入力インピーダンス6段切換に加え,入力感度をイコライザー前段のユニットアンプの負帰還
量を変える入力レベルコントロールによって,2mV〜8mVで連続可変できるようになっていました。

C-1の内部

C-1の2つ目の大きな特徴は,「精度」を追求し,コントロールアンプの名の通り,非常に多機能であると
ともに,その機能性を非常に高精度に実現していることでした。
ボリュームは,片チャンネルあたり2連の高精度4連ボリュームを搭載していました。この2連のボリュー
ムを,トーンサーキットOFF時には,フラットアンプの入力側と出力側に入れ,−∞〜−20dBまでは,ア
ンプの出力側で調整し,−20〜−5.7dBまではアンプの入力側,−5.7dB〜0dBまではアンプの出
力側で調整するという方式をとり,実使用におけるボリュームを絞ったときのSN比を6〜14dB改善して
いました。また,パネル面の目盛りは正確な減衰量を表し,ステップエラー,ギャングエラーはともに目
盛り0〜15dBでは±0.5dB,15〜30dBでは±1dB,30〜70dBでは±1.5dBと高精度なアッテネ
ーター式に匹敵する精度を実現していました。

C-1のフロントパネル

トーンコントロールは,BASS,TREBLEともに21ステップのロータリースイッチを高精度印刷抵抗と組み合
わせたアッテネーター式で,ステップ誤差,連動誤差が少なく,ターンオーバー切換と併用して精密なコント
ロールができるようになっていました。
さらに,低域の補正(ACCOUSTIC),中高音域の音色のコントロール(PRESENCE)が可能なトーンイコ
ライザーを装備し,中心周波数をそれぞれ2ステップで切り換えられ,11ポイントのステップ式で高精度の
L,Cを使用して正確なコントロールが可能になっていました。
ラウドネスはスイッチ式ではなく,ラウドネスカーブを可変できるコンッティニュアスラウドネスを装備し,小音
量時のきめ細かな聴感補正ができるようになっていました。
フィルターは,シャープな減衰特性を持つ15Hz・OFF・70Hz切換式のLOWフィルターと8kHz・OFF・12
kHz切換式のHIGHフィルターを装備していました。

信号のレベルをモニターするレベルメーターとして高精度なピークレベルメーターを装備していました。このピ
ークメーターは,対数圧縮回路と直線検波回路を1つの負帰還ループ内に入れ検波回路の素子のバラツキ
の影響を抑えた高精度なもので,メーターアッテネーターも装備し,−50dB〜+35dBのワイドレンジと正確
さを実現していました。また,メーター切換スイッチによりPRE OUT,REC OUTの信号レベルもモニター
でき,さらに,リアパネルのスイッチにより独立したピークレベルメーターとしてメインアンプの出力や他のアン
プの出力をレベルモニターすることもできるようになっていました。
C-1には,さらにピンクノイズ発振器とサインウェーブ発振器が装備され,この発振器の出力独立して外部に
取り出せるようになっており,ピークレベルメーターと合わせて,C-1単体のチェックや他のオーディオ機器の
テストにも使えるようになっていました。

C-1は豊富な入出力回路を備え,入力回路として,PHONO入力3系統,TUNER入力1系統,AUX2系統
TAPE入力3系統(4台)に加え,MICを接続できるMIC1系統,レベルメーターを単体で使うメーター入力1系
統を装備していました。出力回路として,PRE OUT2系統(4台9,REC OUT3系統(4台),ヘッドホン1
系統,OSC OUT(発振器)1系統が装備されていました。これらの中で,TAPE REC,TAPE PBとPRE
OUT2系統はフロントパネル面に装備され,ちょっとしたデッキやアンプのテストが簡単にできるようになって
いました。

以上のように,C-1は,全段FETの高度な増幅系と,非常に高精度で多機能なコントロール系を備えた,ヤマ
ハのプレステージモデルでした。デザイン機能は非常にメカニックながら,非常に透明感のある澄んだ音質を
もっていました。ヤマハを代表するコントロールアンプの名機として記憶に残る1台です。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 
 

信号経路の全段FET化を秀れた技術で高度に完成
CR形イコライザー,特殊ボリュームで高S/Nの実現,
豊富なコントロール機能を装備したオールマイティ機
 
 


●C-1の規格●


入力感度/インピーダンス PHONO 1,2      2〜8mV(可変)/30kΩ,41kΩ,47kΩ
                          53kΩ,59kΩ,100kΩ
PHONO 3       2〜8mV(可変)/47kΩ
AUX 1,2      150mV以上(可変)/50kΩ
TUNER              150mV/50kΩ
TAPE PB 1,2,3 150mV以上(可変)/50kΩ
MIC                  2mV/50kΩ
EXT METER          775mV/110kΩ    
最大許容入力 PHONO 1,2,3   25〜100mV(20Hz)
            200〜800mV(1kHz)
          800〜3200mV(10kHz)
AUX 1,2 TUNER 12V(感度150mV時)
TAPE PB 1,2,3  12V(感度150mV時)
MIC            200mV
出力レベル/インピーダンス PRE OUT 1,2      775mV/300Ω
REC OUT 1,2,3     150mV/1kΩ
HEAD PHONE  50mW(8Ω)/47Ω
OSC             775mV/180Ω
最大出力レベル PRE OUT 1,2  7.75V
REC OUT 1,2,3   12V
周波数特性 PHONO 1,2,3(RIAA偏差) 30Hz〜15kHz±0.2dB
AUX 1,2 TUNER      5Hz〜100kHz+0dB,−1.5dB
TAPE 1,2,3          5Hz〜100kHz+0dB,−1.5dB
MIC               20Hz〜20kHz±0.5dB
SN比
(IHF-Aネットワーク)
PHONO 1,2,3     70dB
AUX 1,2 TUNER   90dB
TAPE PB 1,2,3    90dB
MIC            60dB
ノイズレベル HEAD PHONE(8Ω)    0.019μW
残留ノイズ(Volume MIN)   7.75μV
       (Volume −30dB) 15.5μV
歪率 PHONO 1,2,3
 775mV(20Hz〜20kHz)  0.02%以下
 5V(20Hz〜20kHz)      0.02%以下
AUX 1,2,TUNER,TAPE PB 1,2,3
 775mV(20Hz〜20kHz)  0.02%以下
 5V(20Hz〜20kHz)      0.02%以下
MIC
 775mV(20Hz〜20kHz)  0.02%以下
トーンコントロール特性 BASS(fT0=250Hz),TREBLE(fT0=2.5kHz)
 0,±0.5,±1.0,±1.5,±2.0,±3.0
 ±4.0,±5.0,±6.0,±8.0,±10.0dB
 (Bass at 20Hz,TREBLE at 20kHz)
トーンイコライザー特性 ACCUSTIC(fc=70Hz,300Hz)
PRESENCE(fc=2kHz,4kHz)
 0,±0.5,±1.0,±2.0,±4.0,±6.0dB
フィルター特性 LOW 15Hz,70Hz  12dB/oct
HIHG 8kHz,12kHz 12dB/oct
オシレーター特性 発振周波数 70,333,1k,10kHz
PINK NOISE切換
出力レベル 
 REC OUT 150mV
 PRE OUT 775mV
 EXT OUT 0〜775mV可変
レベルメーター特性 指示範囲 −50dB〜+5dB
指示誤差
 −20dB〜+5dB  ±1dB
 −20dB〜−40dB ±2dB
 −40dB〜−50dB ±3dB
周波数特性 20Hz〜20kHz±1dB
応答特性 100μs
復帰時間 1sec
ATT   −30dB
連続可変ボリューム確度
(ステップ・ギャングエラー)
0〜−15dB    ±0.5dB
−15−30dB     ±1dB
−30〜−70dB ±1.5dB
AUDIO MUTING −20dB,OFF
使用半導体 FET:90,Tr:143,Diode:55,Zenor Diode:2,IC:4,LED:6
消費電力 55W
AC OUTLET 電源スイッチ連動   3(200W MAX)
電源スイッチ非連動 3(400W MAX)
外形寸法 460W×170H×389Dmm
重量 17kg

※本ページに掲載したC-1の写真,仕様表等は1975年9月のYAMAHA
  のカタログより抜粋したもので,日本楽器製造株式会社に著作権があります。
  したがってこれらの写真等を無断で転載,引用等をすることは法律で禁じられて
  いますのでご注意ください。
 

★メニューにもどる           
 
 

★セパレートアンプPART3にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp