C-05の写真
LUXMAN C−05
TWIN-MONOLITHIC  PREAMPLIFIER ¥380,000
ラックスが1983年に発売したプリアンプ。純A級動作のパワーアンプM-05とペアとなるプリアンプとして
発売された製品でした。筐体から部品まで充実した作りが話題になりました。当時のラックスのプリアンプ
では最高級機でした。

C-05の1つ目の特徴は,左右チャンネル間の干渉を抑えた,徹底したツインモノラル構成でした。写真で
見ても分かるとおり,電源トランスから左右が独立した構造で,まさに2つのモノラルアンプを1つにしたよう
な形になっていました。この構造は,アース回路への徹底したこだわりと関わっていたようです。ラックスは,
この「05シリ−ズ」のペアで徹底してアース回路の「基準電位=0」にこだわっていました。動作の基準点
であるアースの基準電位がふらつくことで生じる,左右チャンネル間,周波数間,増幅段間,電源のプラス
・マイナス間の相互干渉の問題を嫌ったからでした。「05シリーズ」では,基準電位=0の絶対化を図るた
めに,左右チャンネル間の干渉を完璧に排除するツインモノラル構成を採用し,理論的中点アースを排除し
て全てのアースをシャーシ接地し,各段ごとのアースラインを1点に集中するという方式をとっていました。

C−05の2つ目の特徴は,回路のシンプル化を求めた「1段増幅アンプ」でした。従来のアンプ回路では,
NFB(負帰還)を多量にかけるために必要なアンプゲインが大きく,そのため,初段増幅の次に2段目の
増幅回路が入り,出力段という回路構成が一般的でした。ラックスの「1段増幅アンプ」は,高性能の増幅
素子を厳選してたっぷりと電流を流し必要なゲインを取り出し,音質のために必要な量のNFBのみをかけ
るというもので,必要なゲインが小さくなり,2段目の増幅回路をなくすことができたというものでした。C-05
では,ヘッドアンプ,イコライザ・アンプ,フラットアンプの各ブロックすべてに「1段増幅アンプ」を採用してい
ました。

C-05の回路構成は,ヘッドアンプ,イコライザ・アンプ,フラットアンプの全段を通じて対称プッシュプルの
A級動作で統一されていました。ヘッドアンプは,ローノイズ・タイプのトランジスターを厳選して,差動カス
コードの1段増幅アンプを構成し,出力部もヒートシンク付のA級動作SEPPとしていました。イコライザ・ア
ンプは,ローノイズ・デュアルFETによる対称差動・ダブルカスコードPPで,1段増幅アンプを構成していま
した。フラットアンプは,イコライザ・アンプと同様にローノイズ・デュアルFETによる対称差動・ダブルカスコ
ードPPの1段増幅とし,DCサーボ回路には,FET入力の高性能オペアンプを搭載していました。

電源部は,巻線管理を徹底した大型電源トランスを左右独立で搭載していました。トランスには,コンパクト
でレギュレーションに優れたサーキュラ・トランスを採用し,ヘッドアンプ部とサーボ回路にはとくに専用電源
を独立して構成していました。さらに,ラインフェーズセンサを搭載し,極性管理を徹底した電源トランスと相
まって極性管理を徹底してできるようになっていました。

筐体においては,干渉歪み,電磁歪みの排除を徹底していました。シャーシ自体をアルミ筐体とし,要所を
銅板との2重構成とした構造体を採用していました。その他,延長シャフトを採用して切替スイッチを回路上
の必要ポイントに設け,配線自体を最短化していました。パーツについても,無極性とされるフィルムコンデ
ンサまで極性をそろえて使用し,無酸素銅線を配線に使用していました。全ての入力端子は金メッキ仕様
とし,入力アッテネーターには,精密連続可変型ディテント・ボリュームを採用していました。

以上のように,回路構成,パーツ,コンストラクションなど全ての面から充実した作りを誇ったC-05は,歪み
感のないしっかりした音を持つ実力機でした。C-06,C-06αへと,その設計思想は後継機に受け継がれ
ていきました。私にとっては,M-05とともに,印象に残っている名機の一つです。
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



ピュア・オーディオ       デュオ・ベータ        
思想が,技術が,
この「音楽性」を生んだ。

 

◎究極のシンプリシティ−「一段増幅アンプ」
◎極限の練り上げ−「基準電位=0」の絶対化
 ◆ツインモノーラル構成の採用
 ◆理論的中点アースを排除し,すべてのアースをシャーシ接地
 ◆各段のアースを完璧に等価とする「1点集中アース」を採用
◎全段をS.E.P.P.出力段付の対称差動・
  ダブルカスコード・プッシュプルで統一
◎アルミ筐体によるシャーシ,
  そして厳密に吟味した素材

 
 
 

●C-05 SPECIFICATIONS●


出力電圧 pre out 定格1V,最大12V以上
出力インピーダンス pre out 47Ω
全高調波歪率 phono-1,-2  0.03%以下(rec out 2V,1kHz)
DAD・monitor-1,-2  0.05%以下(pre out 2V,1kHz)
tuner・line  0.002%以下(pre out 2V,1kHz)
周波数特性 phono-1,-2  20〜20,000Hz(±0.2dB以内)
DAD・monitor-1,-2  1〜50,000Hz(±0.5dB以内)
tuner・line  1〜50,000Hz(±0.5dB以内)
入力感度 phono  MM2mV,MC100μV
DAD・monitor-1,-2  150mV
tuner  150mV(入力レベルセット付)
line  150mV
入力インピーダンス phono-1  50kΩ,100kΩ
phono-2  50kΩ,100kΩ
DAD・monitor-1,-2  100kΩ
tuner  50kΩ
line  100kΩ
SN比
(IHF-A 補正)
phono-1,-2  90dB以上
DAD・monitor-1,-2  110dB以上
tuner・line  110dB以上
付属装置 モニタ・スイッチ(tape-1,tape-2)
テープダビングスイッチ(1to2,2to1)
レコーディング・スイッチ
フォノファンクション・スイッチ(phono-1,phono-2)
シグナル・オフ・スイッチ
電源の極性を管理できるライン・フェーズ・センサ
電源電圧 AC100V(50/60Hz)
消費電力 40W(電気用品取締法の規定による)
寸法 460W×135H×442Dmm
重量 11.0kg
別売オプション 専用木箱 W-05C ¥50,000
ラックマウント用アダプタ LM-05C ¥15,000
※本ページに掲載したC-05の写真,仕様表等は1983年9月のLUXMANの
 カタログより抜粋したもので,ラックス株式会社に著作権があります。したが
 って,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じられていま
 すのでご注意ください。
 
 

★メニューにもどる           
 
 
 
 

★セパレートアンプPART2にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象の
ある方,そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp