BX-1の写真
YAMAHA BX-1
NATURAL SOUND MONAURAL POWER AMPLIFIER
                              ¥330,000

1979年にヤマハが発売したパワーアンプ。A級パワーアンプのツイン構成で,A級動作・大出力を実現した
もので,ヤマハ史上でも珍しいモノラルアンプでした。また,ヤマハ独自の「ピュアカレントサーボアンプ方式」
を初めて搭載したアンプでもありました。

BX-1で開発され,最大の特徴である「ピュアカレントサーボアンプ」とは,電源やアースラインを見直したもの
で,電源が音質に影響を与えないように,電源ラインには常に一定電流を流し,信号電流が電源やアースライ
ンに全く流れないという方式で,電源部や配線のL,C,R成分,電流変化によるノンリニアなど給電系の影響
を受けない仕組みになっていました。このため,もともと電源電流の変動が小さくきれいなA級アンプにおいて
も,さらに電源電流の影響を抑えたクリーンな信号伝送が可能になるというものでした。これ以降,ヤマハの
アンプにこの方式が採用されていきました。

BX-1の基本的な回路構成は,高速正相0dBゲインのバッファアンプと高速反転0dBゲインのバッファアンプ
そして2台の全く同じ構成のニューリニアトランスファ回路付A級パワーアンプとからなり,これら3種類4つの
アンプを組み合わせてモノラルパワーアンプを構成していました。
これら4つのアンプを組み合わせた回路全体の動作は,非常に巧妙で,電流ライン,アースラインに信号電流
を流さないという「ピュアカレントサーボアンプ方式」を実際化したものでした。まず,高速正相バッファアンプと
高速反転バッファアンプで,高精度の平衡信号を作り,全く同じ構成の2台のパワーアンプに入力し,これを
フローティング出力として取り出すというものでした。この回路では,フローティングで取り出すため,一方のア
ンプからの出力電流はもう一方のアンプに吸収されるというもので,2台のパワーアンプが全く相似な電源電
流波形を出力することで,位相が異なる両アンプの出力電流は同振幅逆相となり,共通給電線を流れる電流
は,出力信号に依存しない一定の直流電流となるという原理でした。

2台のA級パワーアンプに搭載された「ニューリニアトランスファ回路」は,A級動作の優れた特性をより改善し
ようとするもので,出力トランジスタのバイアス電圧をコントロールして,Nch,Pch両トランジスタのエミッタの
電流変化が,正確に1/2ずつ逆位相となるようにして,電流波形の歪みをうち消すというものでした。

高速正相0dBバッファアンプは,FET差動入力でカスコードブートストラップ回路,フィードフォワード補償回路
採用し,DELAY TIME 10nSという超高速アンプとなっていました。反転0dBアンプは,カレントミラー・コン
プリメンタリィ・プッシュプル入力で,フィードフォワード補償,安定度に関係しない低い周波数で,裸利得を低
域にゆくに従い上昇させて,多量のフィードバックをかける2ポール位相補償を採用して,40nSという高速反
転バッファーアンプとしていました。

パワーアンプ初段は,交叉結合型プッシュプル入力回路,プリドライブ段は,直流的には差動,交流的にはエ
ミッタ接地で,両段とも出力電流最大40mAという強力なドライブ能力を実現していました。また,このプリドラ
イブ,ドライブアンプは全段カスコード接続となっていて,パワートランジスタの影響を受けない安定した動作を
確保していました。

BX-1の出力段

出力段は,Pc150Wのトランジスタのピュアコンプリメンタリィ・トリプルプッシュプルの出力段2組で構成され
総コレクタ損失1800Wという,100Wの出力に対して充分余裕のある設計となっていました。また,8Ω,4Ω
いずれの負荷に対しても定格出力を100Wとするため電源電圧,アイドリング電流をスイッチで切り換えるよ
うになっていました。

電源部は,大型のトロイダルトランスと大容量47,000μFのケミコンを搭載し,出力インピーダンスが200
kHzで1mΩ,入出力絶縁比が200kHzで100dB以上というローノイズ定電圧電源を構成していました。
パーツも厳選されたものが使用され,回路内の各時定数にはポリプロピレンフィルムコンデンサ,位相補償に
はマイカコンデンサ,信号経路の抵抗はすべて金属皮膜抵抗,定電圧電源の出力にはポリプロピレンポリカー
ボネート複合コンデンサ,入力NF抵抗には窒化タンタル抵抗を使用するなど,十分に配慮されたものでした。

以上のように,BX-1は,ヤマハが作り上げた野心作ともいえるパワーアンプで,独創的な回路構成を美しい
精悍なフォルムに納めた逸品でした。A級アンプとして細身にならず非常にリアルで鮮度の高い音はすばらし
いもので,当時非常に高い評価を得ていた1台でした。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。


’80年代を予見して「増幅方式」といったことを越えた
次元の完成度を実現。
先進のニューリニアトランスファ回路搭載Aclassアンプ
ツイン構成による「ピュアカレントサーボアンプ」方式
100Wモノラルパワーアンプ・・・・・BX-1
回路方式,音,特性といった全てのことが,これからの
アンプの方向を強力に示唆する未来アンプ
 
 

●BX-1の主な規格●


 
定格出力 100W
(10Hz〜20kHz・歪0.002%,8Ω・4Ω)
全高調波歪率 10Hz〜20kHz・50W  0.001%(8Ω・4Ω)
100kHz           0.005%(8Ω・4Ω)
パワーバンド幅 10Hz〜100kHz
(歪0.005%・50W)
入力感度/インピーダンス 1V/27kHz(100W・1kHz)
IM(混変調)歪率 0.001%(50W,50Hz:7kHz,8Ω・4Ω)
周波数特性(8Ω・1W) DCインプット 
         10Hz          0dB
         1kHz          0dB
       100kHz  −0.8±0.5dB
ACインプット
         10Hz    −1.5±1dB
         1kHz          0dB
       100kHz  −0.8±0.5dB
残留ノイズ 20μV以下(8Ω・入力ショート・IHF-A)
SN比 123dB
ライズタイム 0.3μsec
スルーレイト 600V/μsec
ダンピングファクタ 160(1kHz)
主な使用部品 トランジスタ165,ダイオード89,FET2
ツェナーダイオード26
電源電圧・周波数 100V・50Hz/60Hz
定格消費電力 370W
寸法 271W×230H×488Dmm
重量 18.4kg
※本ページに掲載したBX-1の写真,仕様表等は1979年10月のYAMAHA
 のカタログより抜粋したもので,日本楽器製造株式会社に著作権があります。
 したがってこれらの写真等を無断で転載,引用等をすることは法律で禁じられて
 いますのでご注意ください。
 
★メニューにもどる
 
 

★セパレートアンプPART3にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp