AU-D907Xの写真
SANSUI AU−D907X
X-BALANCE INTEGRATED DC AMPLIFIER ¥189,000
サンスイは,07シリーズの6世代目モデルとして1984年にAU−D507X,AU−D607X,AU−D707X,
AU−D907Xを発売しました。その中で907シリーズは最上級機として君臨してきました。このモデルより
サンスイはアンプのバランス構成化に踏み切りました。07シリーズの中でも,内容的に大きな飛躍を遂げた
モデルではなかったかと思います。                                           

これより2年前の1982年頃,プリメインアンプをサンスイのAU−D7から一気にグレードアップしようと考え
ていた私は,当時,AU−D7と同じサンスイのAU−D907F EXTRA,オンキョーのA−820RS,アキュ
フェーズのE−301の3機種が最終候補に残り,その中でさらにじっくり試聴して決めたことを思い出します。
そのときは,結局アキュフェーズのE−301に決め,その後アキュフェーズを愛用し続けることになるわけで
すが・・・。オンキョーのA−820RSは音が力強くクリアで心惹かれましたが,小音量時の音が他の2機種
に比べて荒いことが気になって候補から落とし,そして,今回本題のサンスイのAU−D907F EXTRAは
サンスイにしては,音が柔らかめで少し暗いことが意外で,結局選ばなかったことを思い出します。     

そして,それから2年後このAU−D907Xが発売されました。早速,知り合いの販売店で試聴させてもらっ
た私は,AU−D907F EXTRAのときのイメージが払拭され,実にクリアで魅力的な音になっていることに
ショックを受け,「2年前にこれを出してくれていたら・・。」と思ったことが今でも印象に残っています。もし2年
ずれていたら,私は今でもアキュフェーズユーザーではなくサンスイユーザーだったかも知れないのです。そ
れくらい私にとって強く印象に残っているモデルがこのAU−D907Xです。        
(なお,サンスイの07シリーズはいずれもすばらしいモデルです。私の好みではFシリーズに少し魅力を感
じなかったわけでして・・・。Fシリーズユーザーのみなさんごめんなさい。)                   

AU−D907Xの最大の特徴は,バランスアンプになっていることでした。それまでの07シリーズはすべて通
常のアンバランス構成で,+側だけを駆動し,−側はアースと兼用した構成でした。本モデルから,バランス
構成となり,「Xバランスアンプ」と称していました。スピーカーの+−をそれぞれ2つのアンプでドライブし,フィ
ードバックもスピーカーの両端子にバランスフィードバックをかける構成でした。また,入力動作もサンスイ自
慢のツイン・ダイヤモンド・バランス差動回路に直結のバランス入力とし,電源部もバランス電源を採用し,信
号系から完全にアースが分離された理想的なバランス構成を誇りました。プリドライブ段も,入出力を完全に
バランス構成とし,アンプ内伝送も,アースと全く関係ない電流伝送を行うため,ツイン・ダイヤモンド・バラン
ス差動回路を使ってカレントドライブするなど,アンプ内が完全にバランス化されるという一大変革がなされて
いました。これ以降,サンスイのアンプは,バランス構成を特徴とし,さらにバランスアンプを高度に追求して
いくことになります。その意味でも画期的な転機となったモデルではないかと思います。                     

電源部は,サンスイ伝統の強力電源で,写真のように大型のトライダルトランスと4本の大型のコンデンサー
を搭載し,プリドライブ部,パワー部,L/R独立の4電源方式を採用した安定した構成でした。

入力系も充実し,CD端子も備え,さらに入力セレクターを通さないCDダイレクト端子も搭載していました。フ
ォノ系もMMだけでなく,MCもトランスで対応していました。このMCトランスは,スーパー・パーマロイコア使
用でモノラルタイプを左右独立で搭載する本格的なもので,MCカートリッジにも完全な対応を誇りました。
イコライザー部もサンスイの誇るDCアンプ構成,高性能Hi-Precisionイコライザーで,20Hz〜300kHz
±0.2dBのハイクオリティーを誇り,ダイヤモンド差動回路とあわせ優れた性能を誇りました。                  

パーツ,コンストラクションも高性能を追求し,主要小型電解コンデンサーにAWD高性能タイプを,小容量フ
ィルムコンデンサーに銅箔スチロール型を採用していました。また,ヒートシンクも写真の通り,大型で重量級
のアルミブロックヒートシンク,シャーシは磁気歪みを防ぐ銅メッキシャーシ採用など,当時のプリメインアンプ
の枠を超えたものでした。                                                         


 
以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。

 




 
 
 
 
 

アンプ技術の理想を極めた
Xバランス・アンプ
音の純粋性とエネルギー感を
実現した最高級機
◎Xバランスアンプは今までのアンプが
  宿命的に抱えていた諸問題のすべてをクリアー
◎6つのキーテクノロジーが結合して
  Xバランス・アンプは生まれた
◎低インピーダンス・ドライブ能力を
  大幅アップさせたXバランス・アンプ
◎高性能・大型のトロイダルトランスと
  大型コンデンサーに支えられる強力電源部
◎ピュアな伝送・増幅をあらゆるプログラム・
  ソースに活かす考え抜かれた入力系
◎ダイヤモンド差動回路搭載の
  Hi-Precisionイコライザー
◎振動,歪の徹底追及が求めた
  高性能パーツとコンストラクション
         
 

AU−D907Xの仕様
 

●パワーアンプ部(Xバランス方式)●


実効出力 6Ω負荷(10Hz〜20kHz,両ch駆動)180W+180W 
8Ω負荷(10Hz〜20kHz,両ch駆動)160W+160W 
4Ω負荷(1kHz,両ch駆動)       250W+250W 
6Ω負荷(1kHz,両ch駆動)       210W+210W 
8Ω負荷(1kHz,両ch駆動)       180W+180W
全高調波歪率 0.003%(8Ω,10Hz〜20kHz) 
0.005%(6Ω,10Hz〜20kHz,実効出力の−3dB)
混変調歪率 0.003%(8Ω,60Hz:7kHz=4:1)
出力帯域幅 5Hz〜80kHz(IHF,両ch,THD0.003%)
ダンピングファクター 100 (6Ω,新IHF,20Hz〜20kHz)
周波数特性 DC〜300kHz(1W)
エンベロープ歪 測定限界値以下
TIM歪(Sawtooth法) 測定限界値以下
スルーレイト ±300V/μsec(6Ω)
ライズタイム 0.5μsec

 

●イコライザーアンプ部(Hi-Precisionイコライザー)●


入力感度/入力インピーダンス(1kHz) PHONO(MM)         2.5mV/47kΩ 
PHONO(High MC)     2.5mV/100Ω 
PHONO MC          100μV/3.2Ω(Low) 
 (MC Trans採用)       300μV/40Ω(High)  
CD,TUNER TAPE-1,2  150mV/47kΩ
PHONO最大許容入力(1kHz,THD0.01%) PHONO(MM)         300mV 
PHONO(High MC)     300mV 
PHONO MC          35mV(Low)/Trans方式
出力電圧/出力インピーダンス 150mV/600Ω
RIAA偏差(MM REC OUT) 20Hz〜300kHz(+0.2dB,−0.2dB)
SN比(Aネットワーク,ショートサーキット) PHONO(MM)       90dB 
PHONO(MC)        80dB以上(100μV) 
CD,TUNER,TAPE  110dB
トーンコントロール BASS最大変化量    +10dB,−10dB(20Hz) 
トーンセレクター      100Hz,200Hz 
TREBLE最大変化量  +10dB,−10dB(20kHz) 
トーンセレクター      4kHz,8kHz
サブソニック・フィルター 16Hz(−3dB,6dB/oct)
オーディオ・ミューティング −20dB
定格消費電力(電気用品取締法) 370W
寸法 466(W)×161(H)×431(D)mm
重量 20.5kg
※本ページに掲載したAU−D907Xの写真,仕様表等は1984年5月のSANSUIの
カタログより抜粋したもので,山水電気株式会社に著作権があります。したがって,こ
れらの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じられていますのでご注意く
ださい。                                              
  
 

SANSUI 07シリーズのコーナー
 サンスイ07シリーズの系譜のページへもどうぞ。
 

★メニューにもどる
  
  
★プリメインアンプのページにもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp