アナログプレーヤーのコーナー
 かつてはオーディオシステムの中で中心的役割を果たしていた
アナログプレーヤー。国産機の中にも数多くの名機・銘機,はたま
た迷機がありました。デジタル時代の今では,忘れ去られたかのよ
うなアナログプレーヤー。今,その時代を振り返ってみましょう。
 

 
 
P-3aのページへ
EXCLUSIVE P3a
 あこがれのプレーヤーだった1台です。初めて実物を見たとき
まずあの大きさと優美さに驚いたものです。音を聴いてみると,
堂々としてしかもしなやかな音でした。そして,なにより驚いた
のは,少々の振動では針飛びも起こさないあの強力なインシュ
レーターでした。あの優美なボディの中には車のサスペンショ
ンのような仕組みが隠されていたのです。                  

PL-70LUのページへ
PIONEER PL-70LU
パイオニアが続きますが,P3aにあこがれていたわたしが,
結局購入したのがこのPL−70LUでした。そのスタイルの
良さと,オイルダンプアームに興味を持ってこれを選んだ訳
です。音の方はバランスがよくとれたなめらかな音だと思いま
す。さすがに,P3aなみとはいきませんが・・・。(全然作りが
違う。)しかし,オイルダンプアームのダンピングを調整すること
で穏やかな音から,シャープな音まで変化させることもできるの
で,いろいろ使いこなせると思います。現在でも所有しており,
現役で活躍中です。                        

DP-75Mのページへ
DENON DP−75M
アナログプレーヤー界では一躍名を馳せていたデンオンの製品です。
私が上記のPL−70LUを買うときに,最後まで迷った製品です。解像
度や分解能では,こちらが上かもしれません。しかし,わたしは,使いこ
なしが少し神経質そうだったので,パイオニアの方を選びました。でも
これも,当時一般向けの高級機としてすばらしい製品だったと記憶して
います。たぶん,今でもお使いの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

DP-100Mのページへ
DENON DP-100M
デンオンの製品が続きますが,アナログプレーヤー界の雄デンオンが,パイオニア
(EXCLUSIVE)の超弩級プレーヤーP3に遅れること3年。1981年に発売したコン
シューマー向け超弩級プレーヤーです。デンオンはそれまで,プロ用ですごい実績
を残していましたが,一般向けの超弩級と呼べるプレーヤーはありませんでした。
そんな中,ついに発売されたものすごいプレーヤーでした。当初別売の外側のキャビ
ネットがなく,洗濯機かと思わせるほどの巨大モータと全体をコイルスプリングで支え
たその姿には驚かされたものです。そして,その堂々とした音にも強い印象が残って
います。                                            

SX−8000Uのページへ
MICRO SX-8000U
アナログ界のもう一つの勇者マイクロの最高級モデルです。マイクロは超マニア向け
のベルトドライブ,糸ドライブのプレーヤーで有名ですが,その中でもこれは極めつけ
の逸品だと思います。たぶん,いまだ現役の製品なので,ここで取り上げるのはどう
かとも思いましたが,発売は1984年なので,ゆうに10年以上経過しているのです。
28kgものステンレス製ターンテーブルが空気の薄い膜によってわずかに浮き上がっ
て静かに回るエアーベアリングと呼ばれるシステムには驚くほかありません。しかも
これほどマニアックな使いこなしができるモデルもないでしょう。だれでもすぐに使い
こなせるというわけにはいかないでしょうが・・・。うまく調整されたこのプレーヤーの
音は,実に静かで高分解能であったことが何よりも印象に残っています。      

SL-10のページへ
Technics SL-10
D・D(ダイレクトドライブ)プレーヤーを世界で初めて商品化したテクニクスが,
D・Dプレーヤーの10周年を期して発売したジャケットサイズのプレーヤーで
す。直径30cmのLPレコードが入っているジャケットのサイズ(31.5cm×
31.5cm)を世界で初めて実現したプレーヤで当時,驚異の目で迎えられま
した。現在の携帯型CDプレーヤーを大きくしたような箱形デザインは当時とて
も未来的に思えました。今見ても,グッドルッキングだと思いますが,いかが
でしょう。フタの裏側にリニアトラッキングのアームとカートリッジが収まり,何
と斜めにしても逆さまにしてもちゃんと演奏できるというその構造にも驚かさ
れたものです。         

GT-2000のページへ
YAMAHA GT−2000/GT−2000L
YAMAHAが,1982年に発売した,マニュアル式の重量級プレーヤーです。本体重量28kg。
ターンテーブルは,直径37cm,重量5.5kgと,これまた重量級でした。写真は,別売のアンカ
ーブロックを取り付けた状態で,これだとプレーヤーとの総重量60kgにも達する超重量級プレー
ヤーになりました。138,000円(GT−2000),158,000円(GT−2000L)の価格からは信
じられないほどの物量を投入し,実に堂々とした音のすばらしいプレーヤーでした。        

PS-X9のページへ
SONY PS−X9
1977年にソニーが発売した高級アナログプレーヤーです。直径38cmの大型重量級ターン
テーブルをクリスタルロック(ソニーでは水晶制御のクォーツロックをこう呼んでいた)のダイレ
クトドライブで駆動し,高い回転精度を誇っていました。アームは,炭素繊維とアルミ合金を
組み合わせた構造で,剛性の高いしっかりしたものでした。このクラスでは珍しく,自社製の
高級MCカートリッジXL−55proが付属していました。イコライザーアンプとヘッドアンプがプ
レーヤー内に内蔵されているのも珍しいものでした。たぶんこれ以降でも無かったと思います。
しかし,小出力のカートリッジからの信号を最短距離でイコライザーまで送ることができたため,
メリットも大きかったはずです。総重量も35kgもあり,そのデザインからも感じられるように,
放送局などで使うプロ機的なアナログプレーヤーでした。音もよく,しっかりした造りも強く印象
に残っています。                                   

SP-10mkUのページへ
Technics SP-10MKU
1975年にテクニクスが発売したターンテーブルシステム。世界初のダイレクトドライブ方式を
実現したSP−10の後継機で,クォーツロック化され,さらに性能と信頼性を高め,D・Dの原
器としての地位を絶対のものとした名機です。現在でも世界中のプロの現場で使われる世界
に誇るターンテーブルだと思います。                                 

L-07Dのページへ
KENWOOD L-07D
1979年に,当時のトリオ(現ケンウッド)が,当時高級ブランドとして展開し始めたKENWOOD
ブランドで発売した高級アナログプレーヤー。徹底した高剛性,高精度設計で,インシュレーター
も持たないという重量級プレーヤーでした。ゆるみやあそびを徹底的に排除したその構造からも
たらされる高解像度の音は,他ではなかなか得られないものでした。レコードの音を分析的とい
えるほど徹底的に拾い出してくれる名機でした。                          

TU-1000のページへ
Lo-D TU-1000
ローディー(日立)が,1980年に発売した高級ターンテーブルシステムです。ローディーは
アナログプレーヤーではあまり有名ではありませんでしたが,優れたモーター技術を初めと
する総合的な技術水準の高さを生かした性能の良いアナログプレーヤーを作っていました。
このTU-1000は,6kgの重量級のターンテーブルを磁力を使って浮上させてスムーズに
回転させ,非常に高い工作精度とユニトルクモーターの威力により,限界的な回転精度を
実現したターンテーブルでした。        

PX-100Mのページへ
ONKYO PX-100M
オンキョーが1981年に突如発売した超弩級ターンテーブルシステム。それまでアナログ
プレーヤーの世界ではあまり目立つ存在ではなかったオンキョーが出した超高級機で,
非常にユニークな内容を持つアナログプレーヤーでした。ちょうど電気メーターと同じ方式の
「誘導型リニアモーター」により自重10kgにも及ぶ純銅製ターンテーブルを駆動するもので,
その驚くほど高精度で滑らかな回転による再生音はしっかりした音場感をはじめとして素晴
らしいものでした。                            

TX-1000のページへ
Nakamichi TX-1000
ナカミチが1981年に発売した,超高級ターンテーブルシステム。アナログレコードの偏芯
を検出し完全に補正して,音溝が完全な円軌道で回転するという,ある意味で究極のメカ
ニズムを組み込んだターンテーブルでした。カセットデッキの分野で,ヘッドの再生アジマス
自動調整システムNAACを実現したナカミチならではの精密で高度な仕組みはまさに名機
といえると思います。

 
QL-A95のページへ
Victor QL-A95
ビクターが1982年に発売した高級アナログプレーヤーシステム。ビクターらしい見事な
木工技術で仕上げられた美しいキャビネットを持つオーソドックスな外観を持つプレーヤー
でした。一見普通ですが,吸着ポンプユニットを追加することにより,レコード吸着ターンテ
ーブルになる仕組みを備えたユニークなプレーヤでもありました。マイクロ以外のメーカー
では吸着システムを備えたプレーヤーは珍しい存在でした。

KP-1100のページへ
KENWOOD KP-1100
ケンウッドが1985年に発売したアナログプレーヤー。重量級プレーヤ−L-07Dの思想を
より現実的な価格と実用的な形で実現したプレーヤでした。オーソドックスな外観の中に
しっかりしたフレームを備え,徹底して高剛性を追求し,正確な音の再生を求めたその設計
は高い評価を得ました。3年後の1988年にも,全く同一の設計ともいえるKP-9010が再
発売されたことからも,その完成度の高さが伺い知れます。

PL-7Lのページへ
PIONEER PL-7L
パイオニアが1984年に発売した中級クラスのアナログプレーヤー。1979年発売の
PL-○○Lシリーズとは異なり,ハードさを前面に押し出したデザインと,上級機で培
われた技術やノウハウを巧みに取り入れた設計はハイコストパフォーマンスを実現し
ていました。そのデザインは好き嫌いがあったようですが,その性能は名機に値した
と思います。

PL-910のページへ
KYOCERA PL-910
京セラが1984年に発売した高級アナログプレーヤー。京セラならではのファインセラ
ミックを使用したプラッターが印象的でしたが,アルミ鋳造のX字型フレームとセラミッ
ク複合材のベースによるダブルフローティング構造など,各部に無共振設計を施した
素材,構造ともに非常にこだわりの見られた隠れた名機といえたと思います。



LT-1のページへ
DIATONE LT-1
ダイヤトーンが1980年に発売した高級アナログプレーヤー。当時,ダイヤトーンはEC
(電子制御)プレーヤーと称して,電子制御のフルオートプレーヤーにこだわりを見せて
いましたが,その理想を追求した一つの到達点がこのリニアトラッキング方式の最高級
機LT-1でした。このころヤマハ,パイオニアなど何社かが,理想の方式として,リニア
トラッキング方式の高級機を発売しました。残念ながらリニアトラッキング方式はオーデ
ィオファンの間では主流にはなりませんでしたが,これらは,一つの理想を追求した名
機だったと思います。

PL-L1のページへ
PIONEER PL-L1
パイオニアが1978年に発売した高級プレーヤー。リニアトラッキング方式の理想を
追求した高級機で,重量級の筐体と高精度なアーム駆動はさすがにすばらしいもの
でした。真っ黒な筐体が何か凄みを感じさせもしたものです。今でも印象に残るリニア
トラッキングアーム搭載の名機です。

PS-X800のページへ
SONY PS-X800
ソニーが1981年に発売したリニアトラッキング方式採用のプレーヤー。ソニー自慢の
電子制御アーム「バイオトレーサー」とリニアトラッキング方式を組み合わせたハイテク
の固まりのようなプレーヤーでした。ターンテーブルの回転系も高精度なものが搭載さ
れ,「ライバルはカッティングマシンだけ」というキャッチコピーにソニーの力の入れよう
がうかがえました。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その
版権・著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,
これらの写真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行
為ですのでご注意ください。
        
       
 
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。
                      

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 
 

メニューにもどる