ここをクリックしてください。

ツーショットダイヤル詐欺に注意


5月17日に容疑者が逮捕されました。(以下はアサヒ・コムから引用)

ツーショットダイヤル詐欺で、社長ら2人も逮捕

 ツーショットダイヤルの架空請求書を無差別に送りつけて現金をだまし取っていた事件で、福島・愛知・栃木県警の合同捜査本部は17日午後、新たに千葉県柏市永楽台1丁目、コンピューターソフト制作販売会社「ネットプランニング」社長、根本正良容疑者(52)ら2人を詐欺の疑いで逮捕した。この事件の逮捕者は6人になった。
 合同捜査本部は、同日朝から同社はじめ1都3県の17カ所を家宅捜索し、パソコンやフロッピー、顧客名簿、給料明細など約500点を押収した。
 調べでは、根本容疑者らは、昨年12月上旬から今年4月上旬までに、福島市内の会社員ら6人にツーショットダイヤルの架空請求書を郵送し、約16万円をだまし取った疑い。請求書は電話帳などを利用して郵送していたという。


事件の概要

「和幸ファイナンス」「大平企画」などと名乗り、利用していないツーショットダイヤルの料金をハガキで請求し、指定口座に振り込ませる、という債権詐欺と思われる事件が昨年末から断続的に全国で発生しています。再度、ハガキを送られている地域も見られます。心当たりのない方は絶対に応じないようにしましょう。

被害にあわれた方や心配な方は地元の警察や消費者相談窓口へ相談しましょう。

参照新聞記事

12月22日「神戸新聞」

12月29日「読売新聞」「北海道新聞」

1月1日「南日本新聞」

1月5日「大分合同新聞」

1月6日「四国新聞」

1月10日「琉球新報」「沖縄タイムス」

1月17日「山陽新聞」「愛媛新聞」

2月21日「徳島新聞」

2月22日「京都新聞」

3月7日「山梨日日新聞」

4月18日「神戸新聞」(地域ニュース:阪神版)

※記事の掲載が終了しているHPもあります。その場合は地元の図書館でご覧になるとよいでしょう。すべての新聞を置いてある図書館は(国立国会図書館などの大規模なところを除き)ないでしょうが、記事の内容の要旨はほぼ同じなので、数紙読まれると概要をつかめるかと思います。

参考HP

ネット被害対策室

ここをクリックしてください。

戻る

Last Update:2001/05/17