The body is defended from the new bird flu virus infection by the face mask use.
The body is defended from the new influenza virus infection by the mobile suit use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and the guideline simplicity isolation room use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and the prevention measure
air box use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and savings < BR > clean room use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and the waterside measures
sterilization disinfection room use. The body is defended from the virus by infection measures and brake plan
P 'You use. The body is defended from the new influenza virus infection by
face mask use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures
mobile suit use before it becomes bread Demick. Infection measures
P 'You is a registered trademark of [ihara] Ltd. before it becomes pre-bread Demick. The body is defended from the new influenza virus infection by < BR > face mask use. The body is defended from the new influenza virus infection by the swine flu virus infection measures
mobile suit use. The body is defended from the virus by the swine flu infection measures
[pi-yu-] use. The body is defended from the new influenza virus infection by
face mask use. The body is defended from the new influenza virus infection by the person influenza virus infection measures
mobile suit use. Person influenza infection measures [pi-yu-]

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

事業部通信

H5N1インフル H5N1インフルエンザ H5N1インフルエンザウイルス H5N1新型インフル H5N1新型インフルエンザ H5N1新型インフルエンザウイルス H5N1新型鳥インフルエンザ H5N1新型鳥インフル H5N1新型鳥インフルエンザウイルス H5N1新型トリインフル H5N1新型トリインフルエンザ H5N1新型トリインフルエンザウイルス H5N1鳥インフル H5N1鳥インフルエンザ H5N1鳥インフルエンザウイルス H5N1トリインフル H5N1トリインフルエンザ H5N1トリインフルエンザウイルス H5N1新型豚インフル H5N1新型豚インフルエンザ H5N1新型豚インフルエンザウイルス H5N1新型ブタインフル H5N1新型ブタインフルエンザ H5N1新型ブタインフルエンザウイルス H5N1豚インフル H5N1豚インフルエンザ H5N1豚インフルエンザウイルス H5N1ブタインフル H5N1ブタインフルエンザ H5N1ブタインフルエンザウイルス H5N1新型人インフル H5N1新型人インフルエンザ H5N1新型人インフルエンザウイルス H5N1新型ヒトインフル H5N1新型ヒトインフルエンザ H5N1新型ヒトインフルエンザウイルス H5N1人インフル H5N1人インフルエンザ H5N1人インフルエンザウイルス H5N1ヒトインフル H5N1ヒトインフルエンザ H5N1ヒトインフルエンザウイルス
H5N1インフル H5N1インフルエンザ H5N1インフルエンザウィルス H5N1新型インフル H5N1新型インフルエンザ H5N1新型インフルエンザウィルス H5N1新型鳥インフルエンザ H5N1新型鳥インフル H5N1新型鳥インフルエンザウィルス H5N1新型トリインフル H5N1新型トリインフルエンザ H5N1新型トリインフルエンザウィルス H5N1鳥インフル H5N1鳥インフルエンザ H5N1鳥インフルエンザウィルス H5N1トリインフル H5N1トリインフルエンザ H5N1トリインフルエンザウィルス H5N1新型豚インフル H5N1新型豚インフルエンザ H5N1新型豚インフルエンザウィルス H5N1新型ブタインフル H5N1新型ブタインフルエンザ H5N1新型ブタインフルエンザウィルス H5N1豚インフル H5N1豚インフルエンザ H5N1豚インフルエンザウィルス H5N1ブタインフル H5N1ブタインフルエンザ H5N1ブタインフルエンザウィルス H5N1新型人インフル H5N1新型人インフルエンザ H5N1新型人インフルエンザウィルス H5N1新型ヒトインフル H5N1新型ヒトインフルエンザ H5N1新型ヒトインフルエンザウィルス H5N1人インフル H5N1人インフルエンザ H5N1人インフルエンザウィルス H5N1ヒトインフル H5N1ヒトインフルエンザ H5N1ヒトインフルエンザウィルス
H1N1インフル H1N1インフルエンザ H1N1インフルエンザウイルス H1N1新型インフル H1N1新型インフルエンザ H1N1新型インフルエンザウイルス H1N1新型鳥インフルエンザ H1N1新型鳥インフル H1N1新型鳥インフルエンザウイルス H1N1新型トリインフル H1N1新型トリインフルエンザ H1N1新型トリインフルエンザウイルス H1N1鳥インフル H1N1鳥インフルエンザ H1N1鳥インフルエンザウイルス H1N1トリインフル H1N1トリインフルエンザ H1N1トリインフルエンザウイルス H1N1新型豚インフル H1N1新型豚インフルエンザ H1N1新型豚インフルエンザウイルス H1N1新型ブタインフル H1N1新型ブタインフルエンザ H1N1新型ブタインフルエンザウイルス H1N1豚インフル H1N1豚インフルエンザ H1N1豚インフルエンザウイルス H1N1ブタインフル H1N1ブタインフルエンザ H1N1ブタインフルエンザウイルス H1N1新型人インフル H1N1新型人インフルエンザ H1N1新型人インフルエンザウイルス H1N1新型ヒトインフル H1N1新型ヒトインフルエンザ H1N1新型ヒトインフルエンザウイルス H1N1人インフル H1N1人インフルエンザ H1N1人インフルエンザウイルス H1N1ヒトインフル H1N1ヒトインフルエンザ H1N1ヒトインフルエンザウイルス
H1N1インフル H1N1インフルエンザ H1N1インフルエンザウィルス H1N1新型インフル H1N1新型インフルエンザ H1N1新型インフルエンザウィルス H1N1新型鳥インフルエンザ H1N1新型鳥インフル H1N1新型鳥インフルエンザウィルス H1N1新型トリインフル H1N1新型トリインフルエンザ H1N1新型トリインフルエンザウィルス H1N1鳥インフル H1N1鳥インフルエンザ H1N1鳥インフルエンザウィルス H1N1トリインフル H1N1トリインフルエンザ H1N1トリインフルエンザウィルス H1N1新型豚インフル H1N1新型豚インフルエンザ H1N1新型豚インフルエンザウィルス H1N1新型ブタインフル H1N1新型ブタインフルエンザ H1N1新型ブタインフルエンザウィルス H1N1豚インフル H1N1豚インフルエンザ H1N1豚インフルエンザウィルス H1N1ブタインフル H1N1ブタインフルエンザ H1N1ブタインフルエンザウィルス H1N1新型人インフル H1N1新型人インフルエンザ H1N1新型人インフルエンザウィルス H1N1新型ヒトインフル H1N1新型ヒトインフルエンザ H1N1新型ヒトインフルエンザウィルス H1N1人インフル H1N1人インフルエンザ H1N1人インフルエンザウィルス H1N1ヒトインフル H1N1ヒトインフルエンザ H1N1ヒトインフルエンザウィルス
H5N2インフル H5N2インフルエンザ H5N2インフルエンザウイルス H5N2新型インフル H5N2新型インフルエンザ H5N2新型インフルエンザウイルス H5N2新型鳥インフルエンザ H5N2新型鳥インフル H5N2新型鳥インフルエンザウイルス H5N2新型トリインフル H5N2新型トリインフルエンザ H5N2新型トリインフルエンザウイルス H5N2鳥インフル H5N2鳥インフルエンザ H5N2鳥インフルエンザウイルス H5N2トリインフル H5N2トリインフルエンザ H5N2トリインフルエンザウイルス H5N2新型豚インフル H5N2新型豚インフルエンザ H5N2新型豚インフルエンザウイルス H5N2新型ブタインフル H5N2新型ブタインフルエンザ H5N2新型ブタインフルエンザウイルス H5N2豚インフル H5N2豚インフルエンザ H5N2豚インフルエンザウイルス H5N2ブタインフル H5N2ブタインフルエンザ H5N2ブタインフルエンザウイルス H5N2新型人インフル H5N2新型人インフルエンザ H5N2新型人インフルエンザウイルス H5N2新型ヒトインフル H5N2新型ヒトインフルエンザ H5N2新型ヒトインフルエンザウイルス H5N2人インフル H5N2人インフルエンザ H5N2人インフルエンザウイルス H5N2ヒトインフル H5N2ヒトインフルエンザ H5N2ヒトインフルエンザウイルス
H5N2インフル H5N2インフルエンザ H5N2インフルエンザウィルス H5N2新型インフル H5N2新型インフルエンザ H5N2新型インフルエンザウィルス H5N2新型鳥インフルエンザ H5N2新型鳥インフル H5N2新型鳥インフルエンザウィルス H5N2新型トリインフル H5N2新型トリインフルエンザ H5N2新型トリインフルエンザウィルス H5N2鳥インフル H5N2鳥インフルエンザ H5N2鳥インフルエンザウィルス H5N2トリインフル H5N2トリインフルエンザ H5N2トリインフルエンザウィルス H5N2新型豚インフル H5N2新型豚インフルエンザ H5N2新型豚インフルエンザウィルス H5N2新型ブタインフル H5N2新型ブタインフルエンザ H5N2新型ブタインフルエンザウィルス H5N2豚インフル H5N2豚インフルエンザ H5N2豚インフルエンザウィルス H5N2ブタインフル H5N2ブタインフルエンザ H5N2ブタインフルエンザウィルス H5N2新型人インフル H5N2新型人インフルエンザ H5N2新型人インフルエンザウィルス H5N2新型ヒトインフル H5N2新型ヒトインフルエンザ H5N2新型ヒトインフルエンザウィルス H5N2人インフル H5N2人インフルエンザ H5N2人インフルエンザウィルス H5N2ヒトインフル H5N2ヒトインフルエンザ H5N2ヒトインフルエンザウィルス
H5N3インフル H5N3インフルエンザ H5N3インフルエンザウイルス H5N3新型インフル H5N3新型インフルエンザ H5N3新型インフルエンザウイルス H5N3新型鳥インフルエンザ H5N3新型鳥インフル H5N3新型鳥インフルエンザウイルス H5N3新型トリインフル H5N3新型トリインフルエンザ H5N3新型トリインフルエンザウイルス H5N3鳥インフル H5N3鳥インフルエンザ H5N3鳥インフルエンザウイルス H5N3トリインフル H5N3トリインフルエンザ H5N3トリインフルエンザウイルス H5N3新型豚インフル H5N3新型豚インフルエンザ H5N3新型豚インフルエンザウイルス H5N3新型ブタインフル H5N3新型ブタインフルエンザ H5N3新型ブタインフルエンザウイルス H5N3豚インフル H5N3豚インフルエンザ H5N3豚インフルエンザウイルス H5N3ブタインフル H5N3ブタインフルエンザ H5N3ブタインフルエンザウイルス H5N3新型人インフル H5N3新型人インフルエンザ H5N3新型人インフルエンザウイルス H5N3新型ヒトインフル H5N3新型ヒトインフルエンザ H5N3新型ヒトインフルエンザウイルス H5N3人インフル H5N3人インフルエンザ H5N3人インフルエンザウイルス H5N3ヒトインフル H5N3ヒトインフルエンザ H5N3ヒトインフルエンザウイルス
H5N3インフル H5N3インフルエンザ H5N3インフルエンザウィルス H5N3新型インフル H5N3新型インフルエンザ H5N3新型インフルエンザウィルス H5N3新型鳥インフルエンザ H5N3新型鳥インフル H5N3新型鳥インフルエンザウィルス H5N3新型トリインフル H5N3新型トリインフルエンザ H5N3新型トリインフルエンザウィルス H5N3鳥インフル H5N3鳥インフルエンザ H5N3鳥インフルエンザウィルス H5N3トリインフル H5N3トリインフルエンザ H5N3トリインフルエンザウィルス H5N3新型豚インフル H5N3新型豚インフルエンザ H5N3新型豚インフルエンザウィルス H5N3新型ブタインフル H5N3新型ブタインフルエンザ H5N3新型ブタインフルエンザウィルス H5N3豚インフル H5N3豚インフルエンザ H5N3豚インフルエンザウィルス H5N3ブタインフル H5N3ブタインフルエンザ H5N3ブタインフルエンザウィルス H5N3新型人インフル H5N3新型人インフルエンザ H5N3新型人インフルエンザウィルス H5N3新型ヒトインフル H5N3新型ヒトインフルエンザ H5N3新型ヒトインフルエンザウィルス H5N3人インフル H5N3人インフルエンザ H5N3人インフルエンザウィルス H5N3ヒトインフル H5N3ヒトインフルエンザ H5N3ヒトインフルエンザウィルス
H2N1インフル H2N1インフルエンザ H2N1インフルエンザウイルス H2N1新型インフル H2N1新型インフルエンザ H2N1新型インフルエンザウイルス H2N1新型鳥インフルエンザ H2N1新型鳥インフル H2N1新型鳥インフルエンザウイルス H2N1新型トリインフル H2N1新型トリインフルエンザ H2N1新型トリインフルエンザウイルス H2N1鳥インフル H2N1鳥インフルエンザ H2N1鳥インフルエンザウイルス H2N1トリインフル H2N1トリインフルエンザ H2N1トリインフルエンザウイルス H2N1新型豚インフル H2N1新型豚インフルエンザ H2N1新型豚インフルエンザウイルス H2N1新型ブタインフル H2N1新型ブタインフルエンザ H2N1新型ブタインフルエンザウイルス H2N1豚インフル H2N1豚インフルエンザ H2N1豚インフルエンザウイルス H2N1ブタインフル H2N1ブタインフルエンザ H2N1ブタインフルエンザウイルス H2N1新型人インフル H2N1新型人インフルエンザ H2N1新型人インフルエンザウイルス H2N1新型ヒトインフル H2N1新型ヒトインフルエンザ H2N1新型ヒトインフルエンザウイルス H2N1人インフル H2N1人インフルエンザ H2N1人インフルエンザウイルス H2N1ヒトインフル H2N1ヒトインフルエンザ H2N1ヒトインフルエンザウイルス
H2N1インフル H2N1インフルエンザ H2N1インフルエンザウィルス H2N1新型インフル H2N1新型インフルエンザ H2N1新型インフルエンザウィルス H2N1新型鳥インフルエンザ H2N1新型鳥インフル H2N1新型鳥インフルエンザウィルス H2N1新型トリインフル H2N1新型トリインフルエンザ H2N1新型トリインフルエンザウィルス H2N1鳥インフル H2N1鳥インフルエンザ H2N1鳥インフルエンザウィルス H2N1トリインフル H2N1トリインフルエンザ H2N1トリインフルエンザウィルス H2N1新型豚インフル H2N1新型豚インフルエンザ H2N1新型豚インフルエンザウィルス H2N1新型ブタインフル H2N1新型ブタインフルエンザ H2N1新型ブタインフルエンザウィルス H2N1豚インフル H2N1豚インフルエンザ H2N1豚インフルエンザウィルス H2N1ブタインフル H2N1ブタインフルエンザ H2N1ブタインフルエンザウィルス H2N1新型人インフル H2N1新型人インフルエンザ H2N1新型人インフルエンザウィルス H2N1新型ヒトインフル H2N1新型ヒトインフルエンザ H2N1新型ヒトインフルエンザウィルス H2N1人インフル H2N1人インフルエンザ H2N1人インフルエンザウィルス H2N1ヒトインフル H2N1ヒトインフルエンザ H2N1ヒトインフルエンザウィルス


殺菌 新型ブタインフルエンザウイルス殺菌 豚インフル殺菌 豚インフルエンザ殺菌 豚インフルエンザウイルス殺菌 ブタインフル殺菌 ブタインフルエンザ殺菌 ブタインフルエンザウイルス殺菌 新型人インフル殺菌 新型人インフルエンザ殺菌 新型人インフルエンザウイルス殺菌 新型ヒトインフル殺菌 新型ヒトインフルエンザ殺菌 新型ヒトインフルエンザウイルス殺菌 人インフル殺菌 人インフルエンザ殺菌 人インフルエンザウイルス殺菌 ヒトインフル殺菌 ヒトインフルエンザ殺菌 ヒトインフルエンザウイルス
殺菌 インフル殺菌 インフルエンザ殺菌 インフルエンザウィルス殺菌 新型インフル殺菌 新型インフルエンザ殺菌 新型インフルエンザウィルス殺菌 新型鳥インフルエンザ殺菌 新型鳥インフル殺菌 新型鳥インフルエンザウィルス殺菌 新型トリインフル殺菌 新型トリインフルエンザ殺菌 新型トリインフルエンザウィルス殺菌 鳥インフル殺菌 鳥インフルエンザ殺菌 鳥インフルエンザウィルス殺菌 トリインフル殺菌 トリインフルエンザ殺菌 トリインフルエンザウィルス殺菌 新型豚インフル殺菌 新型豚インフルエンザ殺菌 新型豚インフルエンザウィルス殺菌 新型ブタインフル殺菌 新型ブタインフルエンザ殺菌 新型ブタインフルエンザウィルス殺菌 豚インフル殺菌 豚インフルエンザ殺菌 豚インフルエンザウィルス殺菌 ブタインフル殺菌 ブタインフルエンザ殺菌 ブタインフルエンザウィルス殺菌 新型人インフル殺菌 新型人インフルエンザ殺菌 新型人インフルエンザウィルス殺菌 新型ヒトインフル殺菌 新型ヒトインフルエンザ殺菌 新型ヒトインフルエンザウィルス殺菌 人インフル殺菌 人インフルエンザ殺菌 人インフルエンザウィルス殺菌 ヒトインフル殺菌 ヒトインフルエンザ殺菌 ヒトインフルエンザウィルス
感染 インフル感染 インフルエンザ感染 インフルエンザウイルス感染 新型インフル感染 新型インフルエンザ感染 新型インフルエンザウイルス感染 新型鳥インフルエンザ感染 新型鳥インフル感染 新型鳥インフルエンザウイルス感染 新型トリインフル感染 新型トリインフルエンザ感染 新型トリインフルエンザウイルス感染 鳥インフル感染 鳥インフルエンザ感染 鳥インフルエンザウイルス感染 トリインフル感染 トリインフルエンザ感染 トリインフルエンザウイルス感染 新型豚インフル感染 新型豚インフルエンザ感染 新型豚インフルエンザウイルス感染 新型ブタインフル感染 新型ブタインフルエンザ感染 新型ブタインフルエンザウイルス感染 豚インフル感染 豚インフルエンザ感染 豚インフルエンザウイルス感染 ブタインフル感染 ブタインフルエンザ感染 ブタインフルエンザウイルス感染 新型人インフル感染 新型人インフルエンザ感染 新型人インフルエンザウイルス感染 新型ヒトインフル感染 新型ヒトインフルエンザ感染 新型ヒトインフルエンザウイルス感染 人インフル感染 人インフルエンザ感染 人インフルエンザウイルス感染 ヒトインフル感染 ヒトインフルエンザ感染 ヒトインフルエンザウイルス
感染 インフル感染 インフルエンザ感染 インフルエンザウィルス感染 新型インフル感染 新型インフルエンザ感染 新型インフルエンザウィルス感染 新型鳥インフルエンザ感染 新型鳥インフル感染 新型鳥インフルエンザウィルス感染 新型トリインフル感染 新型トリインフルエンザ感染 新型トリインフルエンザウィルス感染 鳥インフル感染 鳥インフルエンザ感染 鳥インフルエンザウィルス感染 トリインフル感染 トリインフルエンザ感染 トリインフルエンザウィルス感染 新型豚インフル感染 新型豚インフルエンザ感染 新型豚インフルエンザウィルス感染 新型ブタインフル感染 新型ブタインフルエンザ感染 新型ブタインフルエンザウィルス感染 豚インフル感染 豚インフルエンザ感染 豚インフルエンザウィルス感染 ブタインフル感染 ブタインフルエンザ感染 ブタインフルエンザウィルス感染 新型人インフル感染 新型人インフルエンザ感染 新型人インフルエンザウィルス感染 新型ヒトインフル感染 新型ヒトインフルエンザ感染 新型ヒトインフルエンザウィルス感染 人インフル感染 人インフルエンザ感染 人インフルエンザウィルス感染 ヒトインフル感染 ヒトインフルエンザ感染 ヒトインフルエンザウィルス
感染者 インフル感染者 インフルエンザ感染者 インフルエンザウイルス感染者 新型インフル感染者 新型インフルエンザ感染者 新型インフルエンザウイルス感染者 新型鳥インフルエンザ感染者 新型鳥インフル感染者 新型鳥インフルエンザウイルス感染者 新型トリインフル感染者 新型トリインフルエンザ感染者 新型トリインフルエンザウイルス感染者 鳥インフル感染者 鳥インフルエンザ感染者 鳥インフルエンザウイルス感染者 トリインフル感染者 トリインフルエンザ感染者 トリインフルエンザウイルス感染者 新型豚インフル感染者 新型豚インフルエンザ感染者 新型豚インフルエンザウイルス感染者 新型ブタインフル感染者 新型ブタインフルエンザ感染者 新型ブタインフルエンザウイルス感染者 豚インフル感染者 豚インフルエンザ感染者 豚インフルエンザウイルス感染者 ブタインフル感染者 ブタインフルエンザ感染者 ブタインフルエンザウイルス感染者 新型人インフル感染者 新型人インフルエンザ感染者 新型人インフルエンザウイルス感染者 新型ヒトインフル感染者 新型ヒトインフルエンザ感染者 新型ヒトインフルエンザウイルス感染者 人インフル感染者 人インフルエンザ感染者 人インフルエンザウイルス感染者 ヒトインフル感染者 ヒトインフルエンザ感染者 ヒトインフルエンザウイルス
感染者 インフル感染者 インフルエンザ感染者 インフルエンザウィルス感染者 新型インフル感染者 新型インフルエンザ感染者 新型インフルエンザウィルス感染者 新型鳥インフルエンザ感染者 新型鳥インフル感染者 新型鳥インフルエンザウィルス感染者 新型トリインフル感染者 新型トリインフルエンザ感染者 新型トリインフルエンザウィルス感染者 鳥インフル感染者 鳥インフルエンザ感染者 鳥インフルエンザウィルス感染者 トリインフル感染者 トリインフルエンザ感染者 トリインフルエンザウィルス感染者 新型豚インフル感染者 新型豚インフルエンザ感染者 新型豚インフルエンザウィルス感染者 新型ブタインフル感染者 新型ブタインフルエンザ感染者 新型ブタインフルエンザウィルス感染者 豚インフル感染者 豚インフルエンザ感染者 豚インフルエンザウィルス感染者 ブタインフル感染者 ブタインフルエンザ感染者 ブタインフルエンザウィルス感染者 新型人インフル感染者 新型人インフルエンザ感染者 新型人インフルエンザウィルス感染者 新型ヒトインフル感染者 新型ヒトインフルエンザ感染者 新型ヒトインフルエンザウィルス感染者 人インフル感染者 人インフルエンザ感染者 人インフルエンザウィルス感染者 ヒトインフル感染者 ヒトインフルエンザ感染者 ヒトインフルエンザウィルス
感染経路 インフル感染経路 インフルエンザ感染経路 インフルエンザウイルス感染経路 新型インフル感染経路 新型インフルエンザ感染経路 新型インフルエンザウイルス感染経路 新型鳥インフルエンザ感染経路 新型鳥インフル感染経路 新型鳥インフルエンザウイルス感染経路 新型トリインフル感染経路 新型トリインフルエンザ感染経路 新型トリインフルエンザウイルス感染経路 鳥インフル感染経路 鳥インフルエンザ感染経路 鳥インフルエンザウイルス感染経路 トリインフル感染経路 トリインフルエンザ感染経路 トリインフルエンザウイルス感染経路 新型豚インフル感染経路 新型豚インフルエンザ感染経路 新型豚インフルエンザウイルス感染経路 新型ブタインフル感染経路 新型ブタインフルエンザ感染経路 新型ブタインフルエンザウイルス感染経路 豚インフル感染経路 豚インフルエンザ感染経路 豚インフルエンザウイルス感染経路 ブタインフル感染経路 ブタインフルエンザ感染経路 ブタインフルエンザウイルス感染経路 新型人インフル感染経路 新型人インフルエンザ感染経路 新型人インフルエンザウイルス感染経路 新型ヒトインフル感染経路 新型ヒトインフルエンザ感染経路 新型ヒトインフルエンザウイルス感染経路 人インフル感染経路 人インフルエンザ感染経路 人インフルエンザウイルス感染経路 ヒトインフル感染経路 ヒトインフルエンザ感染経路 ヒトインフルエンザウイルス
感染経路 インフル感染経路 インフルエンザ感染経路 インフルエンザウィルス感染経路 新型インフル感染経路 新型インフルエンザ感染経路 新型インフルエンザウィルス感染経路 新型鳥インフルエンザ感染経路 新型鳥インフル感染経路 新型鳥インフルエンザウィルス感染経路 新型トリインフル感染経路 新型トリインフルエンザ感染経路 新型トリインフルエンザウィルス感染経路 鳥インフル感染経路 鳥インフルエンザ感染経路 鳥インフルエンザウィルス感染経路 トリインフル感染経路 トリインフルエンザ感染経路 トリインフルエンザウィルス感染経路 新型豚インフル感染経路 新型豚インフルエンザ感染経路 新型豚インフルエンザウィルス感染経路 新型ブタインフル感染経路 新型ブタインフルエンザ感染経路 新型ブタインフルエンザウィルス感染経路 豚インフル感染経路 豚インフルエンザ感染経路 豚インフルエンザウィルス感染経路 ブタインフル感染経路 ブタインフルエンザ感染経路 ブタインフルエンザウィルス感染経路 新型人インフル感染経路 新型人インフルエンザ感染経路 新型人インフルエンザウィルス感染経路 新型ヒトインフル感染経路 新型ヒトインフルエンザ感染経路 新型ヒトインフルエンザウィルス感染経路 人インフル感染経路 人インフルエンザ感染経路 人インフルエンザウィルス感染経路 ヒトインフル感染経路 ヒトインフルエンザ感染経路 ヒトインフルエンザウィルス
感染経路 インフル感染経路 インフルエンザ感染経路 インフルエンザウイルス感染経路 新型インフル感染経路 新型インフルエンザ感染経路 新型インフルエンザウイルス感染経路 新型鳥インフルエンザ感染経路 新型鳥インフル感染経路 新型鳥インフルエンザウイルス感染経路 新型トリインフル感染経路 新型トリインフルエンザ感染経路 新型トリインフルエンザウイルス感染経路 鳥インフル感染経路 鳥インフルエンザ感染経路 鳥インフルエンザウイルス感染経路 トリインフル感染経路 トリインフルエンザ感染経路 トリインフルエンザウイルス感染経路 新型豚インフル感染経路 新型豚インフルエンザ感染経路 新型豚インフルエンザウイルス感染経路 新型ブタインフル感染経路 新型ブタインフルエンザ感染経路 新型ブタインフルエンザウイルス感染経路 豚インフル感染経路 豚インフルエンザ感染経路 豚インフルエンザウイルス感染経路 ブタインフル感染経路 ブタインフルエンザ感染経路 ブタインフルエンザウイルス感染経路 新型人インフル感染経路 新型人インフルエンザ感染経路 新型人インフルエンザウイルス感染経路 新型ヒトインフル感染経路 新型ヒトインフルエンザ感染経路 新型ヒトインフルエンザウイルス感染経路 人インフル感染経路 人インフルエンザ感染経路 人インフルエンザウイルス感染経路 ヒトインフル感染経路 ヒトインフルエンザ感染経路 ヒトインフルエンザウイルス
感染経路 インフル感染経路 インフルエンザ感染経路 インフルエンザウィルス感染経路 新型インフル感染経路 新型インフルエンザ感染経路 新型インフルエンザウィルス感染経路 新型鳥インフルエンザ感染経路 新型鳥インフル感染経路 新型鳥インフルエンザウィルス感染経路 新型トリインフル感染経路 新型トリインフルエンザ感染経路 新型トリインフルエンザウィルス感染経路 鳥インフル感染経路 鳥インフルエンザ感染経路 鳥インフルエンザウィルス感染経路 トリインフル感染経路 トリインフルエンザ感染経路 トリインフルエンザウィルス感染経路 新型豚インフル感染経路 新型豚インフルエンザ感染経路 新型豚インフルエンザウィルス感染経路 新型ブタインフル感染経路 新型ブタインフルエンザ感染経路 新型ブタインフルエンザウィルス感染経路 豚インフル感染経路 豚インフルエンザ感染経路 豚インフルエンザウィルス感染経路 ブタインフル感染経路 ブタインフルエンザ感染経路 ブタインフルエンザウィルス感染経路 新型人インフル感染経路 新型人インフルエンザ感染経路 新型人インフルエンザウィルス感染経路 新型ヒトインフル感染経路 新型ヒトインフルエンザ感染経路 新型ヒトインフルエンザウィルス感染経路 人インフル感染経路 人インフルエンザ感染経路 人インフルエンザウィルス感染経路 ヒトインフル感染経路 ヒトインフルエンザ感染経路 ヒトインフルエンザウィルス

H3N1インフル H3N1インフルエンザ H3N1インフルエンザウイルス H3N1新型インフル H3N1新型インフルエンザ H3N1新型インフルエンザウイルス H3N1新型鳥インフルエンザ H3N1新型鳥インフル H3N1新型鳥インフルエンザウイルス H3N1新型トリインフル H3N1新型トリインフルエンザ H3N1新型トリインフルエンザウイルス H3N1鳥インフル H3N1鳥インフルエンザ H3N1鳥インフルエンザウイルス H3N1トリインフル H3N1トリインフルエンザ H3N1トリインフルエンザウイルス H3N1新型豚インフル H3N1新型豚インフルエンザ H3N1新型豚インフルエンザウイルス H3N1新型ブタインフル H3N1新型ブタインフルエンザ H3N1新型ブタインフルエンザウイルス H3N1豚インフル H3N1豚インフルエンザ H3N1豚インフルエンザウイルス H3N1ブタインフル H3N1ブタインフルエンザ H3N1ブタインフルエンザウイルス H3N1新型人インフル H3N1新型人インフルエンザ H3N1新型人インフルエンザウイルス H3N1新型ヒトインフル H3N1新型ヒトインフルエンザ H3N1新型ヒトインフルエンザウイルス H3N1人インフル H3N1人インフルエンザ H3N1人インフルエンザウイルス H3N1ヒトインフル H3N1ヒトインフルエンザ H3N1ヒトインフルエンザウイルス
H3N1インフル H3N1インフルエンザ H3N1インフルエンザウィルス H3N1新型インフル H3N1新型インフルエンザ H3N1新型インフルエンザウィルス H3N1新型鳥インフルエンザ H3N1新型鳥インフル H3N1新型鳥インフルエンザウィルス H3N1新型トリインフル H3N1新型トリインフルエンザ H3N1新型トリインフルエンザウィルス H3N1鳥インフル H3N1鳥インフルエンザ H3N1鳥インフルエンザウィルス H3N1トリインフル H3N1トリインフルエンザ H3N1トリインフルエンザウィルス H3N1新型豚インフル H3N1新型豚インフルエンザ H3N1新型豚インフルエンザウィルス H3N1新型ブタインフル H3N1新型ブタインフルエンザ H3N1新型ブタインフルエンザウィルス H3N1豚インフル H3N1豚インフルエンザ H3N1豚インフルエンザウィルス H3N1ブタインフル H3N1ブタインフルエンザ H3N1ブタインフルエンザウィルス H3N1新型人インフル H3N1新型人インフルエンザ H3N1新型人インフルエンザウィルス H3N1新型ヒトインフル H3N1新型ヒトインフルエンザ H3N1新型ヒトインフルエンザウィルス H3N1人インフル H3N1人インフルエンザ H3N1人インフルエンザウィルス H3N1ヒトインフル H3N1ヒトインフルエンザ H3N1ヒトインフルエンザウィルス
H4N1インフル H4N1インフルエンザ H4N1インフルエンザウイルス H4N1新型インフル H4N1新型インフルエンザ H4N1新型インフルエンザウイルス H4N1新型鳥インフルエンザ H4N1新型鳥インフル H4N1新型鳥インフルエンザウイルス H4N1新型トリインフル H4N1新型トリインフルエンザ H4N1新型トリインフルエンザウイルス H4N1鳥インフル H4N1鳥インフルエンザ H4N1鳥インフルエンザウイルス H4N1トリインフル H4N1トリインフルエンザ H4N1トリインフルエンザウイルス H4N1新型豚インフル H4N1新型豚インフルエンザ H4N1新型豚インフルエンザウイルス H4N1新型ブタインフル H4N1新型ブタインフルエンザ H4N1新型ブタインフルエンザウイルス H4N1豚インフル H4N1豚インフルエンザ H4N1豚インフルエンザウイルス H4N1ブタインフル H4N1ブタインフルエンザ H4N1ブタインフルエンザウイルス H4N1新型人インフル H4N1新型人インフルエンザ H4N1新型人インフルエンザウイルス H4N1新型ヒトインフル H4N1新型ヒトインフルエンザ H4N1新型ヒトインフルエンザウイルス H4N1人インフル H4N1人インフルエンザ H4N1人インフルエンザウイルス H4N1ヒトインフル H4N1ヒトインフルエンザ H4N1ヒトインフルエンザウイルス
H4N1インフル H4N1インフルエンザ H4N1インフルエンザウィルス H4N1新型インフル H4N1新型インフルエンザ H4N1新型インフルエンザウィルス H4N1新型鳥インフルエンザ H4N1新型鳥インフル H4N1新型鳥インフルエンザウィルス H4N1新型トリインフル H4N1新型トリインフルエンザ H4N1新型トリインフルエンザウィルス H4N1鳥インフル H4N1鳥インフルエンザ H4N1鳥インフルエンザウィルス H4N1トリインフル H4N1トリインフルエンザ H4N1トリインフルエンザウィルス H4N1新型豚インフル H4N1新型豚インフルエンザ H4N1新型豚インフルエンザウィルス H4N1新型ブタインフル H4N1新型ブタインフルエンザ H4N1新型ブタインフルエンザウィルス H4N1豚インフル H4N1豚インフルエンザ H4N1豚インフルエンザウィルス H4N1ブタインフル H4N1ブタインフルエンザ H4N1ブタインフルエンザウィルス H4N1新型人インフル H4N1新型人インフルエンザ H4N1新型人インフルエンザウィルス H4N1新型ヒトインフル H4N1新型ヒトインフルエンザ H4N1新型ヒトインフルエンザウィルス H4N1人インフル H4N1人インフルエンザ H4N1人インフルエンザウィルス H4N1ヒトインフル H4N1ヒトインフルエンザ H4N1ヒトインフルエンザウィルス


H2N1インフル H2N1インフルエンザ H2N1インフルエンザウイルス H2N1新型インフル H2N1新型インフルエンザ H2N1新型インフルエンザウイルス H2N1新型鳥インフルエンザ H2N1新型鳥インフル H2N1新型鳥インフルエンザウイルス H2N1新型トリインフル H2N1新型トリインフルエンザ H2N1新型トリインフルエンザウイルス H2N1鳥インフル H2N1鳥インフルエンザ H2N1鳥インフルエンザウイルス H2N1トリインフル H2N1トリインフルエンザ H2N1トリインフルエンザウイルス H2N1新型豚インフル H2N1新型豚インフルエンザ H2N1新型豚インフルエンザウイルス H2N1新型ブタインフル H2N1新型ブタインフルエンザ H2N1新型ブタインフルエンザウイルス H2N1豚インフル H2N1豚インフルエンザ H2N1豚インフルエンザウイルス H2N1ブタインフル H2N1ブタインフルエンザ H2N1ブタインフルエンザウイルス H2N1新型人インフル H2N1新型人インフルエンザ H2N1新型人インフルエンザウイルス H2N1新型ヒトインフル H2N1新型ヒトインフルエンザ H2N1新型ヒトインフルエンザウイルス H2N1人インフル H2N1人インフルエンザ H2N1人インフルエンザウイルス H2N1ヒトインフル H2N1ヒトインフルエンザ H2N1ヒトインフルエンザウイルス
H2N1インフル H2N1インフルエンザ H2N1インフルエンザウィルス H2N1新型インフル H2N1新型インフルエンザ H2N1新型インフルエンザウィルス H2N1新型鳥インフルエンザ H2N1新型鳥インフル H2N1新型鳥インフルエンザウィルス H2N1新型トリインフル H2N1新型トリインフルエンザ H2N1新型トリインフルエンザウィルス H2N1鳥インフル H2N1鳥インフルエンザ H2N1鳥インフルエンザウィルス H2N1トリインフル H2N1トリインフルエンザ H2N1トリインフルエンザウィルス H2N1新型豚インフル H2N1新型豚インフルエンザ H2N1新型豚インフルエンザウィルス H2N1新型ブタインフル H2N1新型ブタインフルエンザ H2N1新型ブタインフルエンザウィルス H2N1豚インフル H2N1豚インフルエンザ H2N1豚インフルエンザウィルス H2N1ブタインフル H2N1ブタインフルエンザ H2N1ブタインフルエンザウィルス H2N1新型人インフル H2N1新型人インフルエンザ H2N1新型人インフルエンザウィルス H2N1新型ヒトインフル H2N1新型ヒトインフルエンザ H2N1新型ヒトインフルエンザウィルス H2N1人インフル H2N1人インフルエンザ H2N1人インフルエンザウィルス H2N1ヒトインフル H2N1ヒトインフルエンザ H2N1ヒトインフルエンザウィルス
H3N1インフル H3N1インフルエンザ H3N1インフルエンザウイルス H3N1新型インフル H3N1新型インフルエンザ H3N1新型インフルエンザウイルス H3N1新型鳥インフルエンザ H3N1新型鳥インフル H3N1新型鳥インフルエンザウイルス H3N1新型トリインフル H3N1新型トリインフルエンザ H3N1新型トリインフルエンザウイルス H3N1鳥インフル H3N1鳥インフルエンザ H3N1鳥インフルエンザウイルス H3N1トリインフル H3N1トリインフルエンザ H3N1トリインフルエンザウイルス H3N1新型豚インフル H3N1新型豚インフルエンザ H3N1新型豚インフルエンザウイルス H3N1新型ブタインフル H3N1新型ブタインフルエンザ H3N1新型ブタインフルエンザウイルス H3N1豚インフル H3N1豚インフルエンザ H3N1豚インフルエンザウイルス H3N1ブタインフル H3N1ブタインフルエンザ H3N1ブタインフルエンザウイルス H3N1新型人インフル H3N1新型人インフルエンザ H3N1新型人インフルエンザウイルス H3N1新型ヒトインフル H3N1新型ヒトインフルエンザ H3N1新型ヒトインフルエンザウイルス H3N1人インフル H3N1人インフルエンザ H3N1人インフルエンザウイルス H3N1ヒトインフル H3N1ヒトインフルエンザ H3N1ヒトインフルエンザウイルス
H3N1インフル H3N1インフルエンザ H3N1インフルエンザウィルス H3N1新型インフル H3N1新型インフルエンザ H3N1新型インフルエンザウィルス H3N1新型鳥インフルエンザ H3N1新型鳥インフル H3N1新型鳥インフルエンザウィルス H3N1新型トリインフル H3N1新型トリインフルエンザ H3N1新型トリインフルエンザウィルス H3N1鳥インフル H3N1鳥インフルエンザ H3N1鳥インフルエンザウィルス H3N1トリインフル H3N1トリインフルエンザ H3N1トリインフルエンザウィルス H3N1新型豚インフル H3N1新型豚インフルエンザ H3N1新型豚インフルエンザウィルス H3N1新型ブタインフル H3N1新型ブタインフルエンザ H3N1新型ブタインフルエンザウィルス H3N1豚インフル H3N1豚インフルエンザ H3N1豚インフルエンザウィルス H3N1ブタインフル H3N1ブタインフルエンザ H3N1ブタインフルエンザウィルス H3N1新型人インフル H3N1新型人インフルエンザ H3N1新型人インフルエンザウィルス H3N1新型ヒトインフル H3N1新型ヒトインフルエンザ H3N1新型ヒトインフルエンザウィルス H3N1人インフル H3N1人インフルエンザ H3N1人インフルエンザウィルス H3N1ヒトインフル H3N1ヒトインフルエンザ H3N1ヒトインフルエンザウィルス
H4N1インフル H4N1インフルエンザ H4N1インフルエンザウイルス H4N1新型インフル H4N1新型インフルエンザ H4N1新型インフルエンザウイルス H4N1新型鳥インフルエンザ H4N1新型鳥インフル H4N1新型鳥インフルエンザウイルス H4N1新型トリインフル H4N1新型トリインフルエンザ H4N1新型トリインフルエンザウイルス H4N1鳥インフル H4N1鳥インフルエンザ H4N1鳥インフルエンザウイルス H4N1トリインフル H4N1トリインフルエンザ H4N1トリインフルエンザウイルス H4N1新型豚インフル H4N1新型豚インフルエンザ H4N1新型豚インフルエンザウイルス H4N1新型ブタインフル H4N1新型ブタインフルエンザ H4N1新型ブタインフルエンザウイルス H4N1豚インフル H4N1豚インフルエンザ H4N1豚インフルエンザウイルス H4N1ブタインフル H4N1ブタインフルエンザ H4N1ブタインフルエンザウイルス H4N1新型人インフル H4N1新型人インフルエンザ H4N1新型人インフルエンザウイルス H4N1新型ヒトインフル H4N1新型ヒトインフルエンザ H4N1新型ヒトインフルエンザウイルス H4N1人インフル H4N1人インフルエンザ H4N1人インフルエンザウイルス H4N1ヒトインフル H4N1ヒトインフルエンザ H4N1ヒトインフルエンザウイルス
H4N1インフル H4N1インフルエンザ H4N1インフルエンザウィルス H4N1新型インフル H4N1新型インフルエンザ H4N1新型インフルエンザウィルス H4N1新型鳥インフルエンザ H4N1新型鳥インフル H4N1新型鳥インフルエンザウィルス H4N1新型トリインフル H4N1新型トリインフルエンザ H4N1新型トリインフルエンザウィルス H4N1鳥インフル H4N1鳥インフルエンザ H4N1鳥インフルエンザウィルス H4N1トリインフル H4N1トリインフルエンザ H4N1トリインフルエンザウィルス H4N1新型豚インフル H4N1新型豚インフルエンザ H4N1新型豚インフルエンザウィルス H4N1新型ブタインフル H4N1新型ブタインフルエンザ H4N1新型ブタインフルエンザウィルス H4N1豚インフル H4N1豚インフルエンザ H4N1豚インフルエンザウィルス H4N1ブタインフル H4N1ブタインフルエンザ H4N1ブタインフルエンザウィルス H4N1新型人インフル H4N1新型人インフルエンザ H4N1新型人インフルエンザウィルス H4N1新型ヒトインフル H4N1新型ヒトインフルエンザ H4N1新型ヒトインフルエンザウィルス H4N1人インフル H4N1人インフルエンザ H4N1人インフルエンザウィルス H4N1ヒトインフル H4N1ヒトインフルエンザ H4N1ヒトインフルエンザウィルス
-2">また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。
現在、日本全域に渡って新型豚インフルエンザウイルスが流行しています。
日本政府は水際対策を行っていますが、歯止めにはならなかったと言えるでしょう。
また、機内で感染した女子高生に簡易検査をしたところ、インフルエンザウイルスはマイナス(陰性)との診断結果だったようです。
感染してすぐはインフルエンザウイルスはプラス(陽性)反応が出ない可能性が懸念されています。
また、この騒動に便乗してマスクを高額で売りつける人も出てきています。
しかし、マスクはあくまで気休めでしかなく、感染を防ぐという医学的な根拠は全くありません。
現在、関西(兵庫、大阪、京都、滋賀、和歌山)を中心に新型インフルエンザウイルスは感染者数を日増しに増やしながら感染拡大しています。
また関東(東京、埼玉、神奈川)でも感染者が増えています。
今は夏季ということもあり、新型インフルエンザは感染力があまりないかもしれませんが、これが秋になると一気に感染者を増やしパンデミック(感染爆発)が起きるのではないかという専門家の意見もあります。
日本で感染爆発が起こった場合、他の国に比べ交通網が発達しているので、感染者数は一気に増えると予測しています。
また、今中国やインドネシアなどのアジアで感染が危惧されているのがH5N1の新型鳥インフルエンザウイルスである。
これは今回感染が広がっているH1N1の新型豚インフルエンザウイルスの弱毒性とは異なり、H5N1の新型鳥インフルエンザウイルスは強毒性である。
これが変異して亜種(亜型)の新型インフルエンザウイルスになった場合、(新型人インフルエンザウイルス)になった場合、その致死率(死亡率)はゆうに60%を上回る。
その死亡する原因は主に多臓器不全と予測されている。
また、新生児や高齢者より、若者の死亡率が高いと予想されている。それは、免疫力が高いからである。
いずれにせよ、新型インフルエンザウイルスにせよ、一般的なインフルエンザウイルスにせよ、確かな知識を持ち、適切な対処が個人個人に求められる。

ェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
簡易隔離室使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
エアーボックス使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
クリーンルーム使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
殺菌消毒室使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
P’You使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
P’Youは株式会社 イハラの登録商標です。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
ピーユー使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
ピーユーは株式会社 イハラの登録商標です

ェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
簡易隔離室使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
エアーボックス使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
クリーンルーム使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
殺菌消毒室使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
P’You使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
P’Youは株式会社 イハラの登録商標です。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
ピーユー使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
ピーユーは株式会社 イハラの登録商標です

P'Youってなに?
四国の香川にある株式会社 イハラが製造元となるP’You(ピーユー)は移動式空気清浄機のことで、ウイルスを99.999%除去できるフィルターを搭載しています。
P’Youは新型インフルエンザが蔓延した状態(パンデミック)に備えようという発想から研究開発されてきました。
鳥取大学で、実際に鳥インフルエンザウイルスを用いて試験を行いその除去率を99.999%を実証しました。
WHO(世界保健機構)が発表しているパンデミックは現在フェーズ3です。

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

P’You

死者 インフル死者 インフルエンザ死者 インフルエンザウイルス死者 新型インフル死者 新型インフルエンザ死者 新型インフルエンザウイルス死者 新型鳥インフルエンザ死者 新型鳥インフル死者 新型鳥インフルエンザウイルス死者 新型トリインフル死者 新型トリインフルエンザ死者 新型トリインフルエンザウイルス死者 鳥インフル死者 鳥インフルエンザ死者 鳥インフルエンザウイルス死者 トリインフル死者 トリインフルエンザ死者 トリインフルエンザウイルス死者 新型豚インフル死者 新型豚インフルエンザ死者 新型豚インフルエンザウイルス死者 新型ブタインフル死者 新型ブタインフルエンザ死者 新型ブタインフルエンザウイルス死者 豚インフル死者 豚インフルエンザ死者 豚インフルエンザウイルス死者 ブタインフル死者 ブタインフルエンザ死者 ブタインフルエンザウイルス死者 新型人インフル死者 新型人インフルエンザ死者 新型人インフルエンザウイルス死者 新型ヒトインフル死者 新型ヒトインフルエンザ死者 新型ヒトインフルエンザウイルス死者 人インフル死者 人インフルエンザ死者 人インフルエンザウイルス死者 ヒトインフル死者 ヒトインフルエンザ死者 ヒトインフルエンザウイルス
死者 インフル死者 インフルエンザ死者 インフルエンザウィルス死者 新型インフル死者 新型インフルエンザ死者 新型インフルエンザウィルス死者 新型鳥インフルエンザ死者 新型鳥インフル死者 新型鳥インフルエンザウィルス死者 新型トリインフル死者 新型トリインフルエンザ死者 新型トリインフルエンザウィルス死者 鳥インフル死者 鳥インフルエンザ死者 鳥インフルエンザウィルス死者 トリインフル死者 トリインフルエンザ死者 トリインフルエンザウィルス死者 新型豚インフル死者 新型豚インフルエンザ死者 新型豚インフルエンザウィルス死者 新型ブタインフル死者 新型ブタインフルエンザ死者 新型ブタインフルエンザウィルス死者 豚インフル死者 豚インフルエンザ死者 豚インフルエンザウィルス死者 ブタインフル死者 ブタインフルエンザ死者 ブタインフルエンザウィルス死者 新型人インフル死者 新型人インフルエンザ死者 新型人インフルエンザウィルス死者 新型ヒトインフル死者 新型ヒトインフルエンザ死者 新型ヒトインフルエンザウィルス死者 人インフル死者 人インフルエンザ死者 人インフルエンザウィルス死者 ヒトインフル死者 ヒトインフルエンザ死者 ヒトインフルエンザウィルス
感染死者 インフル感染死者 インフルエンザ感染死者 インフルエンザウイルス感染死者 新型インフル感染死者 新型インフルエンザ感染死者 新型インフルエンザウイルス感染死者 新型鳥インフルエンザ感染死者 新型鳥インフル感染死者 新型鳥インフルエンザウイルス感染死者 新型トリインフル感染死者 新型トリインフルエンザ感染死者 新型トリインフルエンザウイルス感染死者 鳥インフル感染死者 鳥インフルエンザ感染死者 鳥インフルエンザウイルス感染死者 トリインフル感染死者 トリインフルエンザ感染死者 トリインフルエンザウイルス感染死者 新型豚インフル感染死者 新型豚インフルエンザ感染死者 新型豚インフルエンザウイルス感染死者 新型ブタインフル感染死者 新型ブタインフルエンザ感染死者 新型ブタインフルエンザウイルス感染死者 豚インフル感染死者 豚インフルエンザ感染死者 豚インフルエンザウイルス感染死者 ブタインフル感染死者 ブタインフルエンザ感染死者 ブタインフルエンザウイルス感染死者 新型人インフル感染死者 新型人インフルエンザ感染死者 新型人インフルエンザウイルス感染死者 新型ヒトインフル感染死者 新型ヒトインフルエンザ感染死者 新型ヒトインフルエンザウイルス感染死者 人インフル感染死者 人インフルエンザ感染死者 人インフルエンザウイルス感染死者 ヒトインフル感染死者 ヒトインフルエンザ感染死者 ヒトインフルエンザウイルス
感染死者 インフル感染死者 インフルエンザ感染死者 インフルエンザウィルス感染死者 新型インフル感染死者 新型インフルエンザ感染死者 新型インフルエンザウィルス感染死者 新型鳥インフルエンザ感染死者 新型鳥インフル感染死者 新型鳥インフルエンザウィルス感染死者 新型トリインフル感染死者 新型トリインフルエンザ感染死者 新型トリインフルエンザウィルス感染死者 鳥インフル感染死者 鳥インフルエンザ感染死者 鳥インフルエンザウィルス感染死者 トリインフル感染死者 トリインフルエンザ感染死者 トリインフルエンザウィルス感染死者 新型豚インフル感染死者 新型豚インフルエンザ感染死者 新型豚インフルエンザウィルス感染死者 新型ブタインフル感染死者 新型ブタインフルエンザ感染死者 新型ブタインフルエンザウィルス感染死者 豚インフル感染死者 豚インフルエンザ感染死者 豚インフルエンザウィルス感染死者 ブタインフル感染死者 ブタインフルエンザ感染死者 ブタインフルエンザウィルス感染死者 新型人インフル感染死者 新型人インフルエンザ感染死者 新型人インフルエンザウィルス感染死者 新型ヒトインフル感染死者 新型ヒトインフルエンザ感染死者 新型ヒトインフルエンザウィルス感染死者 人インフル感染死者 人インフルエンザ感染死者 人インフルエンザウィルス感染死者 ヒトインフル感染死者 ヒトインフルエンザ感染死者 ヒトインフルエンザウィルス

インフルエンザウイルス対策商品として色々各社から出ていますが、本当に大丈夫?
あれって薬事法に接触しないの?
鳥インフルエンザから身を守る方法とは?
ウイルスを99.999%除去できるって凄くない?
鳥取大学と共同開発
国立感染症センター
H5N1って亜種に変わる恐れがあるの?
強毒性や弱毒性っていったい何?
装置内に内蔵するフィルターのウイルス捕捉試験をこの分野の世界的権威であり、抗ウイルス試験においても多くの実績のある国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長 伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。
P’Youは皆様を守りたいという理念から生まれました。
マスクで本当に感染症から身を守ることは可能なの?
最近出ているマスクで、飛沫感染から身を守ることはできる?
100%除去は除去とは言わない。
1月17日に公開の「感染列島」は英名は「パンデミック」
邦画「感染列島」に出ている「妻夫木聡」って格好いいよね。
タイベックの防護服って着たら分かるけど暑すぎるよ
ピーユーは元々皆様を守りたいという理念から生まれました。
感染爆発は起こるのか?
現在WHO(世界保健機構)の発表では、フェーズ3
すぐそこまでパンデミックが来ているといっても過言ではない。

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

サイトマップ
お問い合わせはこちら
移動式空気浄化装置
(ピーユー)
What's
Product
Q & A
Link

フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。感染対策やガイドライン
簡易隔離室使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。感染対策と、防止策
エアーボックス使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。感染対策や備蓄
クリーンルーム使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。感染対策や水際対策
殺菌消毒室使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。感染対策や歯止め策
P’You使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。パンデミックになる前に感染対策
モバイルスーツ使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。プレパンデミックになる前に感染対策
P’Youは株式会社 イハラの登録商標です。
フェイスマスク使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。豚インフルエンザウイルス感染対策
モバイルスーツ使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。豚インフルエンザ感染対策
ピーユー使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。人インフルエンザウイルス感染対策
モバイルスーツ使用で、新型インフルエンザウイルス感染から身を守る。人インフルエンザ感染対策
ピーユーは株式会社 イハラの登録商標です


日本語
English
中 文
???
最終更新日 2001年01月05日

ようこそ、P’You(ピーユー)事業部のホームページへ。

新着情報
P’Youはこの度、香川県新商品生産による新事業分野開拓者認定(トライアル発注)事業に認定されました。
香川県新商品生産による新事業分野開拓者認定
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kgwpub/pub/cms/detail.php?id=1779
トライアル発注全国ネットワークHP
http://www.zenkoku-trialnet.jp/main/6.html?detail=5589

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

ェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
簡易隔離室使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
エアーボックス使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
クリーンルーム使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
殺菌消毒室使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
P’You使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
P’Youは株式会社 イハラの登録商標です。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
ピーユー使用で、ウイルスから身を守る。
フェイスマスク使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
モバイルスーツ使用で、新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。
ピーユーは株式会社 イハラの登録商標です

モバイルスーツは、全身を覆う防護服の事です。
内部を陽圧に保つことにより、外部から進入してくる「ウイルス」や「菌」等を防ぎ、感染から身を守ります。
タイベック製の簡易的な使い捨て防護服は1回使うと捨てなくてはなりませんが、モバイルスーツは殺菌消毒を行うことにより、繰り返し使用が可能です。
重装備に見えますが総重量は3kg未満と軽く、内部も常に浄化された綺麗なクリーンな空気で満たされ、息苦しさや、暑さ等のストレス軽減にも繋がります。
よくテレビ等で見られる、鳥インフルエンザウイルスが発生した鶏舎等の殺菌作業の際、現状では簡易的な防護服を使用していますが、このモバイルスーツを使用する事により、経費削減ができると思われます。
フィルターは0.1μm(ミクロン又はマイクロメートル)のウイルスや菌を除去出来る事が立証されているので「インフルエンザウイルス」「結核菌」「ノロウイルス」等にも有効と考えられます。
また、新型に進化が懸念されているインフルエンザウイルスですが、例え進化しようと、その大きさは小さくなることはなく、一般的な鳥インフルエンザウイルスと変わりはないと考えられるので、新型鳥インフルエンザウイルスにも有効と考えられます。

現在のオンライン者数:

株式会社 イハラは次の様な加工を得意としております。
「切断加工」(シャーリング)「曲げ加工」「R曲げ加工」「箱曲げ加工」(ベンダー・ブレーキプレス)
「レーザー加工」「切り欠き加工」「穴あけ加工」「ニブリング加工」「追い抜き加工」「R加工」
「複合加工」(レーザー・プラズマ・NCT・タレットパンチングプレス
「ステンレス溶接」「スチール溶接」「アルミ溶接」「プラスチック溶接」「組立加工」(加工)
株式会社 イハラは以下の様な物が作れます。
「看板」「文字抜き」「切文字」「手すり」「ドア」「シャッター」「パネル」「インテリア」「エクステリア」
「面台」「タンク」「ハンガードア」「サッシ枠」「その他仕上げ」


日本語 English 中 文 ???
H E L P 個人情報の取扱について

建具製造メーカーである、「株式会社 イハラ」は四国・香川県は多度津町にあります。
地元密着型の企業を目指し、日々その技術と知識を磨いています。
三和シヤッター工業株式会社さんに多大なるご支援いただき今日に至ります。
この度、新型インフルエンザ対策の事業として、「P'You(ピーユー)事業部」を設立。 現在開発及び販売をてがけています。

フェイスマスクは陽圧により、ウイルスや菌の進入を防ぎ、感染から身を守るだけではなく、陰圧で使用する事により感染拡大や院内感染を未然に防ぐ事ができます。
物々しい感じがしますが、総重量も1kg未満と軽くお子様でも違和感無く使用できます。
「新型鳥インフルエンザウイルス」や「結核菌」や「ノロウイルス」等にも有効と考えられます。
感染の拡大のリスクをなるべく減らし、未然に院内感染やパンデミック(感染爆発)の起こる確率を減らすのが重要な課題と考えられます。

フェイスマスクを被る、これにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。モバイルスーツを着ることにより新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守る。簡易隔離室を使ってウイルスの感染から身を守る陰圧隔離室を使用して新型鳥インフルエンザウイルス感染者を隔離する。隔離することにより新型鳥インフルエンザウイルス感染者の拡大を未然に防ぐ。しかし、必ず新型鳥インフルエンザウイルス感染から身を守れるとは限らない。100%感染から身を守る方法は無いに等しい。だが、株式会社イハラが開発した、新商品「P’You(ピーユー)」は99.999%以上のウイルスを除去!フィルターは鳥取大学、国立鳥取大学農学部附属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターセンター長伊藤壽啓教授の研究グループとの共同研究により実施しました。実験では実際に鳥インフルエンザウイルスであるH5N3を用いた。現在、突然変異が懸念されているH5N1とは基本的に同じ大きさであり、フィルターを使った実験では同じ結果が期待できる。突然変異によりさらに感染力が強くなった新型鳥インフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスは果たしてタイベックの防護服で感染から身を守ることはできるのだろうか?簡易マスクで感染から身を守ることは出来るか?現在、通信販売等で有名なデュポン社製のタイベック製防護服。どの企業も地方自治体もこれを購入している。理由は安いからではないだろうか?実際にパンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況が1月に公開となった妻夫木 聡(つまぶき さとし)主演「感染列島」(英語では「パンデミック」と訳されていた)にも描かれていた。邦画「感染列島」では檀れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。実際に鳥インフルエンザウイルスが進化して、人に感染するようになり、パンデミック(感染爆発)が起こり、日本中がパニックになった状況では1日に何枚着替えるのか?おそらく1日3着は必要となると思われる。今備蓄しているデュポン社製のタイベック製防護で新型鳥インフルエンザウイルス対策は万全だろうか?おそらく足りないのは目に見えている・・・国立感染症センターで万能ワクチンが開発されたらしい・・・しかし、使えるまでに後3年はかかるそうである。また、今年ソ連A型と、香港B型及び香港A型が流行っているが、そのうちソ連型はタミフルに対する耐性が診られた。 今後インフルエンザウイルスも徐々に進化し各ワクチンや、薬等に強いウイルスが出来るかもしれない・・・邦画「感染列島」では壇れい(だん れい)さん演じる医者が最終的に感染し、亡くなった・・・。医者やそれに携わる看護士等が最もその感染確率が高いのである。また、邦画「感染列島」でもあったが、何もパンデミック(感染爆発)は新型鳥インフルエンザウイルスに限った事ではない!現在パンデミック(感染爆発)対策商品として数多く出ているがそのほとんどが新型鳥インフルエンザウイルスである。新型鳥インフルエンザウイルス対策商品として売られているのだから当然新型鳥インフルエンザウイルスには有効だが、エボラ出血熱とかには有効だろうか・・・あくまで例ではあるが・・・現在、東京都で結核の感染者が続出している。気付かない内に感染している可能性も十分に考えられる。

The body is defended from the new bird flu virus infection by the face mask use.
The body is defended from the new influenza virus infection by the mobile suit use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and the guideline simplicity isolation room use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and the prevention measure
air box use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and savings < BR > clean room use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures and the waterside measures
sterilization disinfection room use. The body is defended from the virus by infection measures and brake plan
P 'You use. The body is defended from the new influenza virus infection by
face mask use. The body is defended from the new influenza virus infection by the infection measures
mobile suit use before it becomes bread Demick. Infection measures
P 'You is a registered trademark of [ihara] Ltd. before it becomes pre-bread Demick. The body is defended from the new influenza virus infection by < BR > face mask use. The body is defended from the new influenza virus infection by the swine flu virus infection measures
mobile suit use. The body is defended from the virus by the swine flu infection measures
[pi-yu-] use. The body is defended from the new influenza virus infection by
face mask use. The body is defended from the new influenza virus infection by the person influenza virus infection measures
mobile suit use. Person influenza infection measures [pi-yu-]