歌舞伎名台詞集

皆さんもこれらの台詞の一部はどこかで小耳にしたことが一度はあるんじゃないでしょうか?
一つ覚えていればそのままでも宴会の隠し芸にもってこいですし、自分用にアレンジして作っておくと自己紹介や余興で大いに自分をアピール出来ますよ。ひのひのは弁天小僧の台詞をなるべく元の雰囲気を壊さないようにパロディ化して使っています。ただし所詮は自分の周囲に対する楽屋オチなので、勿論自分なりにアレンジすることが必須ですが・・。どうですか?ひとつ挑戦なされてみれば。


青砥稿花紅彩画(白浪五人男)・浜松屋店先の場より

<弁天小僧菊之助>
知らざあ言って聞かせやしょう
浜の真砂と五右衛門が歌に残せし盗人の
種は尽きねえ七里ヶ浜、その白浪の夜働き
以前を言やあ江ノ島で、年季勤めの稚児が淵
百味講で散らす蒔き銭をあてに小皿の一文字
百が二百と賽銭のくすね銭せえ段々に
悪事はのぼる上の宮
岩本院で講中の、枕捜しも度重なり
お手長講と札付きに、とうとう島を追い出され
それから若衆の美人局
ここやかしこの寺島で、小耳に聞いた爺さんの
似ぬ声色でこゆすりたかり
名せえゆかりの弁天小僧菊之助たぁ俺がことだぁ!

        パロディ台詞ひのひの版へ

 

青砥稿花紅彩画(白浪五人男)・鎌倉稲瀬川の場より

<日本駄エ門>
問われて名乗るもおこがましいが生まれは遠州浜松在
十四の頃から親に放れ、身の生業も白浪の
沖を越えたる夜稼ぎの、盗みはすれど非道はせず
人に情けを掛川の、金谷を掛けて宿々で
義賊と噂高札に廻る配符のたらい越し
危ねえその身の境界も、最早四十に人間の
定めは僅か五十年、六十余州に隠れのねえ
賊徒の張本日本駄右衛門

<弁天小僧菊之助>    
さてその次は江ノ島の岩本院の稚児あがり
普段着慣れし振袖から、髷も島田に由比が浜
打ち込む波にしっぽりと、女に化けて美人局
油断のならぬ小娘も、小袋坂に身の破れ
悪い浮き名も龍の口
土の牢へも二度三度、段々超える鳥居数
八幡様の氏子にて、鎌倉無宿と肩書きも
島に育ってその名せえ、弁天小僧菊之助
       パロディ台詞ひのひの版へ

<忠信利平> 
続いて次に控えしは月の武蔵の江戸育ち
がきの折りから手癖が悪く、抜け参りからぐれ出して
旅を小股に西国を、廻って首尾も吉野山
まぶな仕事も大峰に足をとめたる奈良の京
碁打といって寺々や豪家へ押込み盗んだる
金が御嶽の罪料は、蹴抜の塔の二重三重
重なる悪事に高飛びし
あとを隠せし判官のお名前騙りの忠信利平

<赤星十三郎>
亦その次に連なるは、以前は武家の中小姓
故主のために切り取りも、鈍き刃の腰越えや
砥上ヶ原に身の錆を研ぎ直しても、抜きかねる
盗み心の深みどり、柳の都谷七郷
花水橋の切り取りから
今牛若と名も高く、忍ぶ姿も人の目に
月影ケ谷、神輿ケ獄、今日ぞ命の明け方に
消ゆる間近き星月夜、その名も赤星十三郎

<南郷力丸>
さてどん尻に控えしは磯風荒れえ小ゆるぎの
磯馴の松の曲がりなり、人となったる浜育ち
仁義の道も白川の夜舟に乗り込む舟盗人
波にきらめく稲妻の白刃で脅す人殺し
背負って立たれぬ罪科はその身に重き虎ガ石
悪事千里というからはどうで終めえは木の空と
覚悟はかねて鴫立ち沢、然し哀りゃあ身に知らぬ
念仏嫌れえな南郷力丸

 

三人吉三廓初買

<お嬢吉三>
月も朧に白魚の篝も霞む春の空
冷てえ風もほろ酔いに心持ちよくうかうかと
浮かれ烏のただ一羽ねぐらへ帰える川端で
竿の雫が濡れ手に泡思いがけなく手に入る百両
ほんに今宵は節分か西の海より川の中
落ちた夜鷹は厄落とし
豆沢山に一文の銭と違って金包み
こいつぁ春から縁起が良いわい

 

dent-up.gif (11192 バイト)

 

 


余興用パロディ台詞ひのひの版
        
         
 注)池田、中山、草壁、田ノ浦、星が城は小豆島の地名、誠詢はひのひのの亡父

白浪五人男・浜松屋店先の場より       

知らざあ言って聞かせやしょう
島の虫歯と誠詢が言葉残せし歯科医師の
頭痛尽きねえ小豆島、その草壁の歯医者さん
以前を言やあ東京で、大学勤めの医局員
講座で書きし論文を糧に歯学の博士号
一つが二つと研究を重ね業績段々に
役職のぼる非常勤
大学院を指導中、帰郷催促度重なり
誠詢不調と知らせ来て、とうとう島に追い返され
それから田舎の開業医
ここぞ池田の中山で、小耳に聞いた矢田さんの
似ぬ声色で歌舞伎の真似事
名せえゆかりの樋出歯科のまことちゃんたぁ、俺がことだぁ。

            戻 る

 

 

 

白浪五人男・稲瀬川の場より

さてその次は草壁の歯科の医院の医者あがり
普段着慣れし白衣から、マスクを口にし田ノ浦
打ちたる麻酔もしっかりと、虫歯をなおす開業医
普段まじめな先生も、農村歌舞伎に身を焦がし
大きな役も星が城
大歌舞伎へも二度三度、段々増える舞台数
春日神社の氏子じゃねえが、中山無宿の肩書きで
島に育ったその名せえ、樋出歯科のまことちゃん

            戻 る

  

 dent-up.gif (11192 バイト)