恋飛脚大和往来より 封印切

あらすじ ( by ひのひの )
 飛脚問屋の若旦那亀屋忠兵衛は井筒屋のなじみの遊女梅川と互いに恋仲ですが、忠兵衛の友人で恋敵の丹波屋八右衛門が梅川を身請けすると言い出します。忠兵衛はなんとか自分が身請けしたいと手付け金の五十両を打ったものの、後金の二百五十両が工面できずに約束の日限が過ぎてしまいました。そうしたなか忠兵衛は得意先のお屋敷に行く途中で井筒屋に寄り、女将おゑんの好意で二階の座敷に上がってひと時の逢瀬を楽しみますが、梅川にはどうしてもそのことが切り出せずにいます。
 さて、八右衛門が身請けの金を持って井筒屋にやって来ますが、居合わせた治右衛門から梅川は忠兵衛に身請けさせると言われ、その腹いせに忠兵衛の悪口を散々に並べ立てます。あまりの悪態に忠兵衛はついに我慢出来なくなり、思わず二階から駆け下りて八右衛門とやり合います。ところが八右衛門のいびりには一層の弾みがつき、金がないことをなじられた忠兵衛は悔しさのあまり、つい無意識に懐中の小判の封印を切ってしまいます。
 しかし、実はその小判はお屋敷の為替の金だったのです。事情を聞かされた梅川は悲しみつつも忠兵衛との心中を決意し、そうとは知らないおゑん達の祝福の中、二人は忠兵衛の故郷新口村を目指して死出の道へと旅立つのでした。

                             
出番を前に梅川とのツーショット     義太夫の中村さんと三味線の島崎さん

                          
「申し旦那様、忠兵衛さんとは深い仲。」    「お前らが贔屓にする忠兵衛、ありゃ大和の
「まあ大船に乗ったつもりでいるが良いわい。」    国の呑百姓の倅やで、あほらし。」         

                     
「ひゃ、ひゃく、ごじゅ〜ぅ両。」        「にひゃく、ごじゅ〜ぅ両。」    
前半の見せ場、封印切りの場面です。
松竹衣装(株)のご厚意で入手した小判120枚を舞台上でジャランジャランとばら撒きました。


 「もしこの金が味な金であったなら、この首は胴についてはおらぬぞよ。」

      
 「役所を指して、急ぎ行く」   「もし忠さん、お近いうちに。」
                「おお、近日。近日。」

 



 近松門左衛門の浄瑠璃「冥土の飛脚」を改作したもので、その頃実際に在った似たような心中事件を元に書かれたと云われています。当時は十両盗むと首が飛ぶと云われており、殊に為替の金は信用を重んじる為、封印を破っただけで金に手を着けたと見なされ死罪になったそうです。
 前半の八右衛門と忠兵衛のコミカルなやりとりから、一転して悲劇へと転回してゆく処がこの作品の面白さとなっています。

 

 

 なお、本ページの舞台写真は

dent-up.gif (11192 バイト)