初めての参加で気分はもう「ルシアー」
当日は多数の御来場を頂きありがとうございました。
関係スタッフの皆様、心より感謝致します。

上記リンク先でも当日の会場の様子をアップしてます。

私の方でも独自に報告致します。

会場全体の様子。

各、テーブルには製作家のギターが並び、お客様も真剣に見ています。主にアコースティックギターが主流でアーチトップ、ガットギター、マンドリン、バイオリン、CD,ギターケース、パーツ等の展示がありました。

でもって、緊張する私です。

今回の出展は000C-18DB(左)、と000-28DB(右)の2点です。それでも1ブース貸して頂きありがとうございます。(嬉涙)試奏を申し出られる方はなぜか、フィンガー系の方が多くCDをバックミュージックに使ってるようで上手い方ばかりです。この場で「さだまさし」は弾き辛かったです。

お隣りのブースは「Mush a mush Guitars」のマー坊さんです。

カナダでルシアー修行され4本のギターはMADE IN CANADAでした。とっても気さくな方でギターにも人柄が出ています。英語はペラペラで当日来た外人さん(お友達)にも流暢に会話されていました。(うらやましい)

愛媛の「シーガルギター」の塩崎さんです。

あれ?寝てます?
左のOM45DX凄いぞ!高貴すぎて触れない(汗)パーフリングを緑色に御自身で染められて使っていました。いつ見ても憧れてしまいます。結局、触ることすら出来ず、ただ、指を喰わえて眺めるだけでした。

「Sugi Craft」の杉田さん。

今、話題の新進気鋭のルシアーです。独自のネック、ブロック一体の仕込み竿(座頭市仕様)。ボディー内部にはスプリングでブレーシングを補強し表板の音に対する工夫をされています。
ちょうど写真は鼻クソを(汗)いや弦を交換されている最中(もなか?)であります。

「Dolphin Guitars」さんのブース。

中央に見えるは「ソモギ」ではないか!詳しくは知らないのですがフィンガー系の方の憧れの的!実際、現物を見るのはこれで2回目。都会の楽器屋さんはいいなぁ、田舎ではこんなのありません。

高崎さんのブース。

「シーガルギター」で塩崎さんに付いて製作されてる方です。(顔はジャニーズ系)よく見るとエンド部分がおもしろい型をしています。内部容積が、かせげていると思います。こちらも触って無いので眺めているだけでした。(もったいない、せっかくやのに)

トップへ戻る

NEXTモ