東西落語特選 声劇台本編

死神,


,
キャスト
女(20台半ば)わがままで依頼心が強く、無計画に借金を重ね、自滅していく
死神(少女)高校生くらいの少女に見えるが、氷のような冷たさを秘めて淡々と話す
社長夫人(おばさん)
市長の母(おばさん)
はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・まだ追いかけてくる、はぁっ、はぁっ・・このビルの非常階段に隠れて・・・はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・や、やった、気が付かないでいっちゃった・・・助かったー・・・ああ、ヒールが折れちゃった・・・走り易かったけどね、フフ、フフフ・・・アハハハ・・・っと、気付かれてないよね・・・ふぅ・・・このハイヒール高かったのに・・・ボロボロ・・・もうアパートに帰れないなぁ・・・行くところも無いし・・・残ったのはこのバッグと折れたハイヒールと・・・止められたスマホだけ・・・
そんな借金返せるわけないじゃない・・・こんなはずじゃなかったのに・・・そりゃちょっと勢いづいてブランド物買いすぎちゃったかもしれないけど、なんでこんなアッという間に、こんなに借金膨らんじゃったの?・・・500万超えてるだなんて・・・しかも今月中に払えだなんて・・・できるわけないじゃない・・・・・・
あぁ、行くところもない、会社もクビになっちゃった・・・・・・このビル、高いなぁ・・・・・・階段上ってみよう、ちょっといい空気が吸いたい・・・
うわぁ〜いい景色、屋上には入れないか・・・でも、非常階段のてっぺんも捨てたもんじゃないよ、うん。なんか気分がいい・・・あぁ・・・・・・・・このまま飛び降りちゃおうかな・・・
死神やめときなさい
えっ? な、何? ・・・あんた、いつの間に、いつからそこにいたの? ・・・・・・借金取り?
死神そんなんじゃないわ、あたしは死神
死神? なに適当なこと言ってんの、ヒトをバカにするんじゃないわよ!、
死神バカにはしてないわ、あたしは死神。それより、言っておくけど、あなた、ここから飛び降りても死ねないわよ
なにいってんの、このビル、10階はあるわよ、ここから落ちて死なないはずがないじゃない!
死神死ねないのよ。あなたの寿命はまだ尽きてはいない。いまここから飛び降りたところで、それは変わらない。たとえ手足が引きちぎれても、はらわたが飛び散っても、頭がくだけても、あなたはそのままで生き続けることになるけど、それでもいいなら試して御覧なさい
えっ? ・・・ぶるぶるっ、冗談じゃない・・・・・でも、あんた、どう見たって、ただの女子高生くらいにしか見えないわよ。真っ黒のワンピースに黒いニーハイと靴、髪も真っ黒・・・ってだけじゃない、そりゃ、そこそこ雰囲気は出してるかもしれないけど、死神の鎌とか、そういう死神らしいところが全くないじゃない・・・ははっ、信じられるわけないじゃない・・・・・・グスッ、あたし、頭がおかしくなってきたのかなぁ・・・
死神鎌が見たいの? ここにあるけど
わっ・・・なに、そんな大きな鎌、いったいどこから出したの・・・背中の後ろから出したようにみえたけど、どうみてもあんたの身長より大きいじゃない・・・ちょっとこっちに向けないでよ、危ないじゃないの!!
死神あなたが見たいって言うから出してあげたのよ
あ、また消えた・・・え、どこに消えたの? ・・・・・・手品?
死神そんなことより、あなた、このままじゃろくな人生にならないわよ。あなたの人生はまだ50年近く残っているのに・・・このあと、あなたは例のヤクザに捕まって、東南アジアの売春宿に叩き売られるシナリオになってるけど、それでもいい? それとも、ここから飛び降りて、潰れた身体で生き続けてみる?
よしてよーっ、もう、なに、その選択肢、いいところ何にもないじゃない、一体誰がそんなシナリオ決めたのよ!!
死神それはあなた自身が決めたの。あなたが今までやってきたことが積み重なってあなたのシナリオができた。あなただけの力ではそれに逆らうことはできないわ。でも、あたし、あなたにちょっとだけ力を貸してあげようとおもってね、それで今日、顔出してみたの
なによ、なんでそんなことしてくれるの・・・あたし、神様拝んだりしたこと、一回もないよ、宗教なんて信じてないよ、なんなのよーっ、どうしてーっ??
死神あたしも最初から死神だったわけじゃなくてね、昔はもうちょっとましな神だったんだけど、その頃にね、前世のあなたに祀ってもらってたんだ・・・神ってのは義理堅いから・・・
あたしの前世・・・?? わけわかんない・・・・・・で、なに、幸運でも授けてくれるの?宝くじが当たる?競馬?ねぇ、何があるの!?
死神落ち着きなさい、あたしは今じゃ落ちぶれて死神だから、幸運を授けるなんてできない。むしろ、生命力を削っていくくらいしか能がないわ。
ちょっと、よしてよ!
死神それより、あなたに、人の生き死にがわかる力を与えてあげる。
人の生き死に?
死神そう。ちょっと左手を出してご覧なさい。左手の甲を・・・ここにこうして
わっ、なに、そのでっかいハンコ・・・いったいどこから出したの?
死神これはあたしの印章。この印章が押してあるところから一定範囲には他の死神は入れない。
へー・・・なんだかわかんないけど、テーマパークの再入場スタンプみたいよね・・・あれ、熱い、あつつつーっ・・・あれ、光ったと思ったら消えちゃった・・・どうなったの?
死神今は見えないけどね、他の死神がいるところへ近づくと、浮き出てきて、光を放つの。黒い光よ。死にとりつかれた人間にしか見えないけどね。これを見れば、他の死神はその場から離れなければならない。これは同じ人に複数の死神が取り憑くことのないように定められた掟。
へぇ〜〜・・・で、あたしに何か得になることはあるの?
死神あなたは、これから祈祷師を始めなさい。
祈祷師? そんなもの、急に言われたって、できるわけないじゃない!
死神大丈夫。考えても御覧なさい、あなたはいま、死神を追い払える力を手に入れたのよ
えっ? 死神を・・・追い払える力・・・・・・?
死神いい? この印章の効果はもってせいぜい3ヶ月。この3ヶ月の間、あなたは祈祷師として、死にかけの病人の病気を治すの。よく聞きなさい、あなたは印章がある間は死神の姿が見えるわ。病人を見て、その枕元に死神が座っていたら、その病人はもう助からない。あとは死神の鎌でクビを引っ掛けて、魂を抜き去り、魂の緒を切るだけなの。これはもう寿命が尽きてるから決して助からないわ。そのときは、あなたは「無理です、この病人は助かりません」と言って、報酬は受け取らずに帰りなさい。そのかわり、死神が足元から膝くらいまでのところにいたら、この病人は助けることができる。
あなたは、病人に手かざしをするようなふりをしながら、少しずつ死神に近づいて、死神の目の前にその印章を突きつけるの。印章を見た死神は即刻その病人からはなれなければならないわ。そうなれば、すぐにでも病人は回復する。あとはいくらでも、報酬をふっかければいいわ。
そんなことして、その死神に恨まれない?
死神大丈夫、死神はべつにその病人を死なせたくて居座ってるわけじゃない。カルマにしたがって、その病人に報いを受けさせてるだけだから、掟に従って、仕事が早めに切り上げられれば、かえって喜ぶくらいよ。
そんなものなの?・・・・・・でも、祈祷師なんて・・・あたし、もう帰る家もないのよ
死神そんなもの、ネカフェにでも泊まればいいでしょ!ツイッターで呼びかければ、病人の家族から依頼が舞い込んでくるわよ
ツイッターなんて知ってんの?だけど、祈祷師なんて、だれが本気にする?
死神大丈夫。あなたにはいま死神の匂いがまとわりついてるからね・・・死の匂いに誘われて、あなたの呼びかけに必ず反応する相手がいる。いい、くれぐれも、頭に死神がいるときは、手を出さないこと、効力は3ヶ月。忘れないで!
えっ?・・・あれ、消えちゃった・・・・・・なに・・・死神?? 祈祷師になれ??
あぁ、本当にネットカフェに来ちゃった・・・・・・パンプス買いかえたから、もう現金も残り少ないのに・・・・・ツイッターなんてアカウントは取ったけど、ろくに使ってなかったから使い方もあやふやだよ・・・瀕死の病人助けます・・・祈祷師・・・名前もいるかなぁ・・・名前は・・・卑弥呼でいいや、ツイッターでお返事ください、と・・・なんか、ちゃんとした文章ってうまく書けない。こんなのでいいのかなぁ・・・・・・うーん、・・・・それ、ツイート・・・と・・・はぁ・・・だいたい本当かなぁ・・・あたし、もう頭おかしくなってるのかなぁ・・・
あーあ、あのドラマの続き、どうなってるかなぁ・・・・・・あれ? なにこれ、さっきの書き込みがなんかものすごい勢いでリツイートされてる・・・えっ? なに、これ・・・あ、リプライが・・・父が死にそうです、病気で・・・北海道・・・行くお金無いよ・・・ごめん、ムリムリ・・・あ、またきた・・・なに、上海? 外国にまで届いてるの?もうびっくり〜あの子の言ったとおりだ、どんどん集まってくる・・・これは世田谷・・・あ、近いじゃん、会社の社長が病気・・・社長夫人からだ・・・・・・どんな会社かな、と・・・うーん、あんまり大きな会社じゃないなぁ・・・まあ、いいか、最初だし、練習がてら行ってみようかなー  リプライ送って・・・と・・・えっ、車で迎えに来る? ネットカフェにこられたら、 それはちょっとカッコ悪いよね・・・最寄りの駅に来てもらおう・・・
あ、きっとあの車だ。意外・・・大きなワゴン車。
社長夫人おまたせいたしましたっ、卑弥呼先生ですね!
えっ、あ、そ、そうです。卑弥呼なんて大げさな名前にするんじゃなかった・・・人がみてるよ・・・
社長夫人先生っ、私、K社の社長の妻でM子ともうします、先生、宅の主人がもう今日か明日かの命とお医者様から言われておりまして、もう頼れるのは先生だけでございます、さ、さ、とにかく早く、車にお乗りになって、・・・さっ、すぐに出してちょうだい!
うわぁ、なんて展開・・・あ、けっこう豪邸だ。お金もちなんだ・・・
社長夫人卑弥呼先生をお連れしたわよっ、社長に変わりはない!? ・・・分かったわ、さあさあ、先生、一刻を争います、まず、なにはともあれ、病人をご覧になってくださいまし、 あなたたちっ、卑弥呼先生のお荷物をお持ちして! さ、さ、こちらでございます、どうぞ!
し、失礼します・・・うわぁ、大きな部屋・・まんなかに布団が敷いてある。・・・ゲッ、なに、・・・ほ、本当に死神が座ってる・・・病人の膝のあたり・・・黒づくめの衣装で、ドクロの面をかぶってる。膝ってことは、この病人は助かる・・・?
社長夫人先生、いま、死神とおっしゃいました?大丈夫でございますよね、先生、主人は助かりますよね、先生!ううぅ、先生、主人をお助けいただけましたら、お礼の方は十分にさせて頂きます!
えっ? お礼?
社長夫人もちろんでございますとも、先生、お礼はおいくらくらい差し上げればよろしいでしょうか?
えっ? それは・・・あの、お気持ちで・・・
社長夫人わかりました、それでは手付にまず10万現金でお納めくださいまし。秘書っ、すぐに準備なさい! 主人を助けていただいたあかつきにはあと90万小切手で差し上げます!ぜひよろしくお願いいたします!!!
へっ、10万・・・へ、へへっ・・・へへっ・・・あわせて100万・・・奥様! 大丈夫、この病人は助かります、社長さんは、このあたしが直して差し上げます!
う、うっ、うふっ・・・だめだよ、笑いが止まらないよ・・・あぁ、おじいちゃん、息、苦しそう・・・大丈夫、奥様、ちゃんと直しますから、私はね、手かざしで直しますので。では、うーーーーーんんんんんーー、っと、左手を死神の目の前に、あ,熱っ、あつつつっ
社長夫人おおっ、先生の手から光が!
あー、びっくりした・・・あ、死神が消えた・・・あ、急に息が楽そうになった・・・あ、眼を開けた。奥さん、社長さんか、眼を開けました
社長夫人おおっ、あなたっ、あたしが分かるっ?? 奇跡ですわっ、先生、、先生の手から出た光で、病気が、かき消すように治った!!  先生、残りの90万の小切手でございます、ありがとうございます!!
あー、驚いた・・・ホテルのスイートまでとってくれて、車でおくってもらっちゃった。ふふっ、本当に病人が治っちゃった。あの子の言ったことは本当だったんだ。100万あれば、とりあえず、借金の内金くらいにはなるかなぁ・・・・・・ふあぁぁぁぁ〜〜・・・急に眠くなってきた、今日はもう寝よう・・・
あーぁぁぁ・・ふぁ〜・・・やれやれ、死神に会ってから、もうじき3ヶ月か・・・借金はあらかた返し終わったし・・・おかげであの安アパートから脱出してこのマンションに越してきたんだけどねー、どうも蓄えが残るってところまではイッてないのよねー・・・・・・
実際、行ってみたら、死神が頭の方に座ってるのがほとんどなのよね、そりゃそうだ、死にかけてる病人なんだから、そうそう治せるってわけにも、いかないわ・・・ハンコの力が無くなる前に、ドドーンと一発、大金が入るような話が来ないかなー
もう、こうなったら、5万や10万の小口の依頼はどうでもいいや、大企業からこい、大企業・・・うーん、なんか貧乏くさい話ばっかりだなー、「治療費が払えません」・・・あたしへの謝礼は払えるのかよッ・・・・・・タダ働きばできませんよー、うーん・・・・・おや、あっ、この会社、知ってる・・・・・・一部上場だよね、創業家一族の若社長が病気・・・今日か明日か・・・ほほっ、いい話じゃないの、来たよ、来ましたよ〜? お金の匂いがしますよ〜「お礼はいかようにでも」 こっちの言い値ってことね、了解しましたッ、連絡先は・・・
もしもし、N社秘書室さんですか、私、卑弥呼ともうします。ご依頼を頂いた件ですが・・・社長さんはまだ・・・危ない状態ですね・・・わかりました。私の力が及びますかどうかは神のみぞしるところですが、お救いできるかもしれません。お役に立たなかったときは、謝礼は不要です。お車代だけで結構。はい、・・・はい・・・では、お待ちしております。
さ、着替えきがえ・・・もう衣装もすっかり板についてきちゃったよ、ハハッ、すごいよね、このハッタリ・・・さー、ブレスレットなんかジャラジャラ言わせちゃうわよー・・・っと、いけない、駅前に十分後だった、急がないと・・・・・・
あ、きたきた、きっとあれだ、真っ黒のリムジン・・・はい、卑弥呼です。ではすぐに・・・で、社長さんはいまどちらに・・・大学病院ですか・・・特別室に・・・なるほど・・・はい、私の力がおよびますかどうか・・・及んで欲しいよねー、3ヶ月の期限からして、もうこんな大口の依頼は無いかもしれない・・・今回のに賭けてるんだから、あたしゃ・・・
卑弥呼先生でいらっしゃいますか!わたし、この患者の母でございます、先代に死に別れて、その後を息子が継いだばかりだというのに、こんな病気に・・ううっ、せ、先生・・・よろしくお願いします、先生・・ううっ・・・
まずは息子さんを見せてください、その上で、お助けできるものであれば、お助けいたしますので・・・あぁ、緊張する・・・死神は・・・あ、あぁ・・・ダメだ・・・・・・枕元にいるよ・・・ダメだ、ハズレだ・・・チキショーッ
いかがでございますか、息子は助かりますか!!
・・・・・・あの・・・申し訳ございません、息子さんは・・・私の手には負えないようです・・・申し訳ございません・・・
そ、そんな・・・先生、先生はいままで何人もの死の淵にある患者を奇跡的に回復させたとうかがっております。先生、そんなことおっしゃらずに、息子をお助けください、謝礼ならいくらでも、なんでしたら、一億・・・一億円さし上げてもよーござんす!
一億!?
私の所有している株式を手放せば、そのくらいの謝礼はご用意できます。先生、二言はございません、そのかわり、息子の命を!
一億・・・・いちおく・・・・へっ、へへへっ・・・イチオク・・・しかし、死神は枕元にいる・・・一億・・・・
うーん、うーーーーーーんんんんんんっ!考えろ、どうする、ここが勝負よ、私!・・・そうだ!ねえ、お母様、息子さんを移動しやすいベッド、あれ、なんて言うんでしたっけ・・・ストレッチャー? それに移してもらえませんか、私が言ったタイミングですぐに動かせるように・・・
動かすんでございますか?
はい、これは賭けですが、これに勝てば、息子さんは救われるかもしれません
承知いたしました、担当医に言って、すぐにおっしゃるようにさせます!
いいでしょう、こんな感じで。で、おたくの会社の社員で、機転が効いて、力がある、体育会系の若者を何人か用意してください。その人達と別室で打ち合わせをしたいのですが・・・はい、では病院の会議室で・・・
いいですか、あなたたち、この仕事には社長のお命がかかっています。そのつもりで、一致団結して動いてください。お願いしたいことはただひとつです。私の合図で、社長の載っているストレッチャーをくるっと180度回転させることです。もたもたしててはダメですよ。それから、病室ではこの話は一切口に出さないこと、あらかじめストレッチャーの四隅に待機してもらいますが、私の合図がいつあっても、すぐに動けるように、いい?、わかった? いい返事ねー、これだから体育会系はスキよ・・・
さっきストレッチャーに移したときの死神の様子からして、患者を急に移動させると、死神は一瞬ついてこれずに、もたもたと枕元に移動してた・・・ということは、この作戦がうまく行ったら、死神を出し抜けるかもしれない・・・四人は待機したし・・・うまくトボケて知らんぷりしてる・・・可愛い・・・誰かひとり、唾つけちゃおうかな・・・一流企業の経営者から眼をかけられてる選りすぐりの4人だから、将来有望だし・・・おっと、いけない、今は死神だ・・・・・・ドクロのマスクで表情が読めない・・・でも、いま、なんかぼーっとしてる感じ・・・やってみるか・・・四人は・・・準備OKな感じね・・・・・・よし、イケッ! ストレッチャーがグルっと、死神が足元になった、今だッ・・・ほらっ、この紋所が目に入らぬかッ! 熱、熱つつッ 今日はまた盛大に光ったわねー、あっ、死神が慌てふためいて消えていく、自分の置かれた状況がわからないって感じだった・・・社長は・・・あ、眼を覚ました・・・お母様、社長さんが!
エエッ、ああ、眼を、眼を覚ました!!ありがとうございます、先生が来てくださらなければ、この子はもう今夜にも死んでしまうと主治医に言われておりましたのに、えっ? なにか言いたいの? お腹がすいた? まぁっ、この子は、いいわよ、元気になったらいくらでも食べられるわ!! 先生、ありがとうございます、お約束は果たします、ここに1億円の小切手がございます、先生、本当にありがとうございました!!
ハハ、ハハハ、ウゥウヒヒヒ・・・あぁ、笑いが止まらない・・・あの死神の慌てよう・・・あたしって天才?アイデアバッチリじゃん! あぁ、なんか、ほっとしたら疲れちゃった、ハァ、ハァ・・・1億・・・もうあたし、当分働かない、南の島にお屋敷でも建てて、優雅に暮らそうかしら・・・ハァ、ハァ・・・なんか息切れがする・・・
死神苦しい?
ちょっと息が切れるだけ・・・えっ、あんた、あの時の死神!?
死神久しぶり
久しぶりね、あんたのお陰で、1億円たまっちゃった、ありがとうね。ひょっとして、礼金でも取りに来た?
死神何をいってるの、あなた、ルールを破ったわね。頭に死神がいる病人を、イカサマで助けた
アイデアって言ってよ、人聞きの悪い
死神自分が何をしたかわからないようだから、教えてあげる、ついておいで
ついておいでって・・・あれ、あたりの景色が歪む・・・な、なに、気持ち悪い・・・あぁぁっ、・・・あ?なに、ここ、いつのまにこんな洞窟みたいなところに・・・なに、これ・・・ろうそくがいっぱい
死神あなたたち人間にはこれかろうそくのように見えるだろうけど、これは人間の寿命を表しているの。この一本一本が1人の人間の寿命。この長いのは生まれたばかりの赤子。短いのは寿命が尽きかけている老人や病人。
へぇー、じゃ、あたしがここで一本吹き消したらどうなるの?
死神やってみる? その人は死ぬけど
えっ? いいや、やらない、やらない!
死神そこの、長い、よく燃えてるの、分かる?
これ?
死神それが、あなたがいま助けた社長の寿命。
わぁ、長くてよく燃えてる。すっかり元気になったんだ
死神その横にある、短くて弱々しいのが
わかった、社長のお母さんの
死神ちがうわ、それ、あなたの寿命よ
・・・え?
死神あなたはイカサマを仕掛けて、死神を出しぬいたつもりでしょうけど、あなたはね、あの死にかけていた社長と自分の寿命を交換しただけなのよ
えっ、そんな??? 聞いてない、あたし、そんな話聞いてないよ!
死神枕元に死神がいるときは、手を出すな、といったはずよ。あなたは1億円のために、自分の寿命をあの社長に交換して渡してしまった。社長はあと50年は生きるでしょうね、100歳超えるかも。でもあなたの寿命はあと1時間もないわ
そんな!やっとお金も貯まって、これから楽しいことがいっぱいあるはずなのに、いま死ぬなんて!ね、なんとかなるんでしょ、前も助けてくれたじゃない、ね、お願い!
死神あなたは私の顔に泥を塗った・・・あの死神を追い払うイカサマに私の印章が使われたのよ、いずれ私にも処分があるでしょうね。今度は貧乏神か疫病神にでもされちゃうかも・・・あんたみたいな女と関わったのが運の尽きね・・・
そんな・・・謝る、ごめん、ごめんなさい!もうしません、お願いッ!助けて、ね、助ける方法があるから、またあたしの前に現れたんでしょ、お願い、頼むから
死神ふぅ・・・そこに途中で消えたろうそくがあるでしょ、それはバチが当たって事故で途中死した人の寿命なの。もしそのろうそくに、あなたの寿命の火を移すことが出来れば、あなたの寿命がその残り分もつかもね
な、なんだ・・・ちゃんと方法があるんじゃん!早く言ってよ、ハァ、ハァ、・・・こ、これに、火を移せばいいのね、楽勝じゃん・・・ハハッ・・・
死神うまくおやりなさい・・・大丈夫? 手が震えてるわよ
黙っててよ、震えてなんかないわよ!
死神息が荒いわよ、あまりハアハア言ってると、移す前に火が消えるわよ
黙ってて・・・お願いだから、ハァハァ、手が、手が震える・・・眼が霞んできた・・・
死神大丈夫? 消えたら死ぬのよ・・・ほら、早くしなきゃ・・・死ぬのよ・・・
お願いだから、黙ってて、グスッ・・・ハァハァ、ハァ、手が震える、どうしてこのロウソク、グスッ、ウェッ、火がつかないの・・・ハァ、ハァ・・・あ、火が・・・
死神死ぬよ
火が・・・・・・火が・・・・・・・・・・・・消え・・・・・・・・・・・た・・・


 このソースファイルをダウンロード shinigami_s.csv

ページトップへ