東西落語特選

祝いのし



喜六 おい、かか...おさき、今帰った...腹が減ってんねや、まま食おか
おさき まぁ、あんた、おなかが減らな家へ帰ってこられしまへんのか? そんなことやさかい、近所の人があんたのことなんて言うてるか知ってるか? 鳩親父や、言うてますのやで
喜六 な、なんでわいが鳩やねん
おさき そうやないかいな、ぶらぶら、ぶらぶら遊んでて、餌の時分になったら巣へ帰ってくるさかいに、鳩やないか
喜六 あ、ああ、なるほど、こら近所のヤツら、うまいこと言いよったなぁ...ぶらぶら、ぶらぶら遊びまわってて、餌時分に帰ってくるから鳩か...ほたら、クークー(食う、食う)
おさき なに言うてんの! もう、ほんまに情けない...早うこっちへ入りなはれぇな! もう、あんたが帰ってきたらおなかがすいてるやろから、ちゃんと段取りはできてますのやで。今向かいの弥助はんところから二十円借りてきた。そこに置いてますやろ。そうそう。そのお金持って今から魚屋さんへ行って、何でもええさかいに尾頭の付いたもんを買うといなはれ
喜六 え、えらそうに言うても、お前、おなごや。二十円がん魚買うて、わいとお前と二人でどないして腹がおきんねん
おさき あんたに言われんでもわかってるわいな。今度家主さんの息子さん、お嫁さんをもらいはんの。その祝いを持っていきますの。よろしいか。ちょっとはりこんで二十円のもの持って行ったら、少のうても五十円、多かったら百円くらいのお返しはくれはるから、それで向かいへ二十円返して、残りでお米を買うたらよろしいやんか。分かったら早う行てきなはれ
喜六 は、はは、な、なら行ってくるわ

あ、あいつ、偉そうに言うても段取りしてるだけ大したもんや...

おい、魚屋
魚屋 へ、毎度おおきに
喜六 ま、毎度言われたら、つらい。去年の年越しにイワシ買うたきりやで
魚屋 大将、憶えてはるだけおもろおすな。なんぞしましょか?
喜六 ちょ、ちょっとな、うちのかかが祝いもんにするさかいにおかしらの付いたもん買うてこいちゅうてんねん。おかしらの付いたもんて、どれや
魚屋 大将、尾頭付きて知らはれしまへんのか、尾と頭がついて尾頭付きですがな。うちはどれでも尾頭がついてまっせ
喜六 あ、お前とこどれもこれも尾頭付きか...このタコ、どこが尾でどこが頭や?
魚屋 あんさん、そんなおかしなことを...タコの尾頭付きてなもんがおますかいな。祝いもんにしなはんでっしゃろ、これ、どないだす、生貝。アワビだす。一杯十五円、二杯で三十円、あっさり二十円にまけときまひょ
喜六 ...おい...おい!
魚屋 た、大将...なんぞ気に障りましたか?
喜六 「なんぞ気に障りましたか」やと? おぃ、お前、わいの懐に二十円入ってんの、知ってるな?
魚屋 き、気色の悪い人やな...いや、大将わたい、そんなん知れしまへん、あんたの懐知りまへん
喜六 へへ、冗談や...二十五円言われたらどないしょうか、思ててん。ほたら金ここに置くわ。品物、あんじょうつつんでや...

かか、買うて来た
おさき おかえり。何買うて来ました?
喜六 生貝や、アワビの貝や。三十円のところを、もうこれで終いや、言うて二十円にまけてくれてん
おさき ああ、さよか。何かもうちょっとカサ高いもんがおましたやろけど...まぁ、これでよろしいわ。
喜六 ほいたら、かか、わい、今から行て来るわ
おさき ちょ、ちょっと待ちなはれ、今日はいつものようにただ向こう行て、あんちょろり〜んとしてられしまへんねんで
喜六 な、何ぞすんのんかい?
おさき 何ぞ、て...挨拶をせんなりまへんがな
喜六 挨拶、て...そらあかん、挨拶てなもんは難しいがな
おさき 難しいことおまへん、今日はいつもの日と違います。できるだけ丁寧にモノを言いなはれ。よろしいか「本日はまことに結構なお天気さんでございます。承りますればこのたび、お宅様のご子息様にお嫁御女をお貰い遊ばすそうで、これについて近所親類から祝いが参りますが、これはつなぎの他、ほんの塵結んだようなものでございますが、どうぞお納めを願います」と、これだけ言いまんねやで
喜六 あ、あのあの...そ、それは誰が言うねん?
おさき 誰がて、おはまんでんがな
喜六 そ...そ、それは...おまはんは、とてもよう言うててやおへんで
おさき ...ほんまに...人事みたいに言うて、情けないなぁ...ままええ、憶えられんかったら口移しで教えてあげます...あんさん、何してますの、戸ぉ閉めたりして...あほ、何を勘違いしてますねん。わたしの言う通りに言いなはれちゅうことですがな!

ええか、 本日は結構なお天気さんでござまいます、と
喜六 へ、へへ...(エホンッ)えー
おさき いや、「えー」てなもんはいりまへんで
喜六 ああ、そうか、えーは要らん、と...ほたら
おさき いや、ほたらも要りまへん
喜六 む、難しいなぁ

ほ、ほ...本日は...ま、ま、ま、まことにけっ、結構なお、お天気さんでございます、と
おさき いや、そんなところに「と」は要りまへんで
喜六 はは、ほいたら障子にしとこか
おさき よう、そんなアホなことだけ考えつきますなぁ。そういう余計なことを言うてたら癖になります。ええか、次行くで。「承りますれば」
喜六 う、うけたばまかわり...まるせば...す、すまんけど、もう一遍言うてぇな
おさき 聞いてしまへんのか、あんたは、いいぇえな。 うけたまわりますれば
喜六 ああ、そうや...うけたわまり...うてかわまり...な、難儀やな...ちょと、すまんけどもう一回言うてぇな
おさき 情けないなぁ、あんたは。いらんことは人一倍べらべらしゃべらはるくせに、このくらいのことがスッと言えませんか? ま、よろし、よろし。あんたのものの言い難いのは向こうさんもよーに知ってます。あんさんが少々妙なこと言うたかて、それで変やと思う人も無ければ、腹立てる人もおまへんやろ
喜六 はは...ははは
おさき 何を笑うてますの? 情けない... ただ、これだけは言うの忘れんようにしておくなはれや、「これはつなぎの他」うちとこだけです、ちゅうの。ここのところ、よーに聞かせときなはれ。これ忘れたらお返しが半分になってしまいますえ。それでな、そこのお米の袋、持って行きなはれ。で、行儀悪いけど、帰りにお返しの中身見せてもろうて、なんぼ入っててもかましまへん。そのうち二十円だけのけといて、残りでお米こうておいなはれ。お湯沸かして待ってます。おいしい湯立てご飯炊いてあげますさかい、お早うお帰り
喜六 よ、ようしゃべるなぁ、あのガキゃ...始めから終いまでひとりでしゃべってけつかんねん...あ、ここや...(エホンッ)ちゃー
家主 はい...どなたじゃな
喜六 こなたじゃ
家主 こなたじゃ、ちゅう人があるか...ああ、あんたやろと思うた。まあ、お上がり
喜六 いや、いやいや、こ、ここで結構でんねや...あの、きょ、今日は...いつものように...だ、黙ってあんじょろりんとしてまへんで
家主 ほう...なんか恐いな、な、なにかするんかえ?
喜六 あの...口上もって、申し上げます
家主 ああ、軽業みたいやな
喜六 えー...あ、この「えー」は要りまへんねん
家主 何を言うてんねん
喜六 ほたら...ほたらも要らんぞ
家主 要らんことなら、言わいでもええやろ
喜六 いや、ちょっと黙ってておくなはれ...ほ、ほ、ほ、本日は...ああ、安心した...
家主 なにぃ?
喜六 え、ほ、本日は結構なお天気さんでございます
家主 へえへえ、結構なお天気じゃな
喜六 この調子やったら明日も結構なお天気でおます
家主 まあ、天気は何日続いても結構じゃな
喜六 あさってくらいは危ないかも
家主 あんた、なにしにござったんじゃな、天気予報しにきたんかえ、口上はどうなさった?
喜六 あんた、ちょっと黙ってておくなはれ、横でゴジャゴジャ言うさかいにややこしい...あのなあ、実はな...うてかまわり...うめたかまかかまか...うれかまたり...こ、これが難しおまんねん...くめたこわり...ありゃ...実はなんでんねん...うけまたさき...あんた、言うてんか
家主 人に言わしなさるのか? それも言うなら「承りますれば」じゃ
喜六 へぇ、それすれば
家主 それすれば? 人に半分もの言わしてどないすんじゃ。承って、どないするんじゃ?
喜六 へぇ、うてかかまわ...かまいわりて...まった...んですわ...はぁ、言えた
家主 言えとりゃせんがな
喜六 言えてるがな、よう逆らうな、ええと...このたびあんたのごちそく...ごぢぞぢじじく...こぢじごじい゛ごぢじきごぢじ...はぁ...いや、あんたのごじぢじごぞい゛たちぎちご...いや、早い話が
家主 ちっとも早いことあらへんがな
喜六 いや、これからだんだんと早よなりまんねん...あんたのごちじぞごじちだ...ごじたてい゛ぢ@waqaerh@[]]][awqh+q[-Q#Aq5hしだ@いwぎhhqad@dちaerぎこち...す、すんまへん、大将、おぶ、一杯もらえまへんか
家主 大丈夫か、おまはん、なんや文字化けしてきたぁるように見えるが。これこれ、お松、済まんがお茶をいっぱい、出してくれんか...へえ、ありがとさん。ほら、これ飲んで、ちょっと気ぃを落ちつけなはれ
喜六 あぁ、あんた、今度来た新しいお女中でっか。
お客さん来たら言われる先にお茶出しなはれや。ほんまに気の利かん...
い、いただきまっせ、出たら飲まな損や。(グビッ、グビッ、グビッ、グビーッ)はぁ...

ごじぢいでぢすぢ@g@
家主 またかいな! 承った次はどうした?
喜六 うけたまがったんでんねん、そしたらおたくの...ときぢaa@4[i3j][j9uに゛いwe9すら゛にwe@jからにま...早い話が、あんたとこの子せがれがやなぁ! そのクソ子せがれにカカもろた一件でんねや!
家主 ほっほー、こら「早い話」やなぁ。えぇ? それだけ言うのにお茶飲まな言われへんのんかいな...はいはい、息子に嫁を貰いました。それで?
喜六 いや、その話でんねん。え、親ちぇきやら金魚やら...こちちここ、あこちここちこち、あこちこ、あちこちからいわ祝いがとどとどどどどど゛゛どきま...ちょっと大将、そんなよそ見したりあくびしたりせんと、ここのところよーに聞いといておくなはれや、...こ、こ、これはつぎはぎの...つぎきぎ..つなぎのほかほか...早い話がうちだけでんねん! ここのとこが肝心でんねんさかいに、あとのお返しに関わりますさかい
家主 はっはっはっはっは...正直者じゃのう、い、家で教わったことみな言うてるな...いやいや、恐れ入りました。お前さんとこの嫁さん、いやぁ、しっかり者じゃのう。御近所に負けてはどんならん、御亭主に箔をつけようと...いやいや、恐れ入ります。きーさん、わしゃこういう人間じゃ。ちょっと中身を見せていただきます。気にせんとってや、ちょっと中身を...

(エホンッ)ああ、きーさん、これは...生貝じゃな
喜六 そうでんねん。一杯十五円、二杯で三十円
家主 いやいやいや、そうやない。値段を聞いてるのと違う。これはお前さんが道で買うてすぐここへ来たもんか、それともおかみさんが承知の上でのことか、それを聞きたいんじゃ
喜六 あ、そ、そ、そそれ、お、おかみさん承知の上で...
家主 はは、あんたが「おかみさん」と言うてはおかしいなぁ...そうか...きーさん、あんたが道で買うて来たもんやというのなら、どんなものであれ、目をつむっていただきましょ。しかし、おかみさん、おさきさんが承知の上のことやというのなら、これは受け取ることは出来ん
喜六 そ、そら、な、な、なんででおます?
家主 なんで、てそうやないか。おまはんのおかみさん、「男に勝る女はない」てなことを言うけれども、なかなかどうしてしっかりしてはる。そのしっかり者のよこした物がこれ、なんじゃな。生貝、アワビの貝。世間の人みなどない言うてる?「アワビの貝の片思い」 片思いにはさしてやりとうないなぁ。あんたじゃわからん。おかみさんに言うてな、品物代えて来てもろうて...いやいや、あんたところでいくらかかっても構わん。二倍にでも三倍にでもして返します。まずは品物代えて来ておくれ
喜六 あきまへんて、それ...あきまへんねん。わ、わたい、おなかがすいてまんねん!
家主 あんたのおなかはどうでもええがな
喜六 あんた、そんな汚いこと言いな、自分とこの子せがれ、かか貰うのに人の腹どうでもええやなんて...わたいお米の袋まで持って来てまんねんで
家主 あんたじゃ、わからんのじゃ! かみさんに言うて品物(ボンッ)代えて来い!
喜六 あ、こ、こら...放ったりしなはんな...家主やからいうて、え、偉そうにすな! い、い、家主ちゅうたら、い、家建てて、人住まして、や、家賃で飯食うてんねやろがいな...ほいたらわいらお客さんやど...家賃が溜まってる? 知るか! 家賃と飯代はかかの係や、わいは酒代とパチンコ代もろてたら、そ、それでええねん。み、見てみい、放るさかいに、二杯の貝が三杯になってしもたが
家主 目が見えてないのか、お前が握り締めとんのは、ネコのお椀じゃ
喜六 ややこしとこにややこしもん置くな! 持って帰ったらええねやろ...もって帰るわ! 持って...持って帰る...さかいに...お返しだけくれ!
家主 ごぢゃごちゃ言うてたら頭から煮え湯浴びせんで!
喜六 ふん、帰ってかかに言いつけたんねん!
源兵衛 おい、きー公、どこ行ってきたんじゃ
喜六 ああ、玄やん、家主のとこへ祝い持って行ったんや
源兵衛 お前、それ持って帰ってるやないか
喜六 それが、あかんねん。あ、あ、あわあわあ、かたかた
源兵衛 聞くんならちゃんと聞いてこい、「アワビの貝の片思い」やろ。ああ、あの親父ならそれくらいのこと言いよるやろ。あかんあかん、持って帰ったりしたらあかんで。頭から煮え湯? そんな手荒いことができるか。心配せんでもええ。

ええか、向こう行ったら今からわいが教える通りにやれ。入り口が閉まってたら遠慮せんでもええ。足で蹴り開けたれ。「ごじゃごじゃ無しに取っとけ」と品物突き出せ。品物が変わってない。おやじがぼやきよるぞ。「わたしとこで縁起が悪いというて返した品物、また持ってきなさるとはなんぞ意趣遺恨があってのことか」こないなこといいよったら遠慮すな。できるだけ汚い言葉で言わなあかんぞ。
「お前ら偉そうにぬかし腐っても何も知りさらせへんやろ。おまえとこのド息子にドんかかをもらい腐って、それについて近所親戚から祝いが来る。その祝いに結構な熨斗がついたぁる。この結構な熨斗をついたなりもらうか、はがしてもらうか。どっちや!」
と聞いたれ。向こうの親父、
「貼ったなり貰います」
と言いよるに違いない。その言葉を聞いたら遠慮すな。下駄なり座敷に暴れ込め。なんならそのまま部屋一周走ったれ。こないだ人から聞いたらなんや絨毯てな高価な敷物しいて悦に入ってるらしいが、遠慮いらん、その上走り回って、なんなら絨毯の真ん中でケツ捲くってクソしたれ。
ええか、そこで言うたれよ。

「お前ら偉そうに言うたかて、その熨斗の根本を知らん。ええか、結構な熨斗は貝から取れんねん。この貝はどこで採るかというと芝浦で採る。誰が採るかというと海女というおなごがとる。
海女というおなごは絵で描いたらきれいに描いたるが、あれは絵空事、ほんまをいうと潮風に吹かれて色の黒い汚いおなごや。黒うて汚うても汚れの無いおなごが海へ入って採る。このおなごが海へ入ってる間、海の上で手桶の番をしとるおなご、このおなごは汚れとるぞ。おなごというものはな月に一度の月経日というものがある。月経日のことを『手桶番』というのはここから来た言葉や。
こうやって採った貝を大釜で蒸してムシロをかぶせ、その上にのして、そのうえにさらにムシロをかぶせ、その上で後家でいかず、やもめでいかず、仲のええ夫婦が夜通し交合せなんだら結構な熨斗はとれんのんじゃ!
 その結構な熨斗の根本をなんで取らんのじゃ!」
とこうや!

これだけ言うてお返しが百円、二百円では安い。五百円、千円でおます! と言うたれ
喜六 はははっ、よう教えてくれた、このアホ!
源兵衛 向こう行て言うんじゃ、このアホ!
喜六 ははは、うちのかかも偉いと思うたけど、友達にも偉いやつがいてんねや...あ、ぁぁ、拍子の悪い...入り口開けてけつかんねや...閉めてやがったら蹴倒したろと楽しみにしとったのに...

こらぁ、ごじゃごじゃ無しに取っとけぇ!
家主 そら、なんちゅうものの言いようするんじゃ。気に障ったら堪忍しておくれ、おまはんとこのおかみさん、怒ってたか? いやいや、今度おうたら謝っとくさかいに、堪忍して...(エホンッ)きーさん、きーさん、こら、わたいとこが縁起が悪いちゅうて返した品物やないか! 二度持って来なさるということはなんぞ意趣遺恨があってのことかい?
喜六 ほーら、来やがった...へへへっ、今度はそうはいかんぞ、このガッキャぁ。じ、じゃかっしゃぁ、お前ら偉そうに言うたかて、何も知り...知りさ・ら・せ・け・つ・か・れ・へんやろ...ああ、言えた...こ、こんどおまはんとこのド息子さんにド嫁さんを貰いなさる
家主 おまえ、どこの生まれじゃ
喜六 どこの...日本人じゃ! そ、そ、その、それにあたって、親戚や知り合いから祝いが来るやろ
家主 当たり前じゃ、お前さんとことは付き合いが違う。祝いの品はそれ、床の間に山の様じゃ
喜六 い、ぃ、い、祝いがくるじゃろ
家主 人の話を聞かんか、祝いはあのとおり山のごとくじゃと言うとろうが!
喜六 山も川もあるかい! こっちゃ今から海の話しすんねんぞ! そのい、祝いじゃ、その祝いに熨斗がついたぁる、その熨斗を貼ったまま貰うか、それともはがして貰うか、どっちゃぁ、こら、言うてみぃ!
家主 ...なるほど、こらえらいこといいよったな。...こらきーさん、あんた誰ぞにお尻いらわれてるな
喜六 そ、そんなこそばいとこいらわすか!
家主 違うがな、誰ぞに入れ知恵されてるな、ちゅうてますのや。はっはっは、熨斗という物はなかなかにいわれのあるおめでたいもの。その結構な熨斗を剥がすということがあるか。うちは付けたなり貰います
喜六 は、貼ったなり貰うか?
家主 貰うと言うてるやないか。
喜六 ほ、ほんまに...ほん〜まに貰うか。 あのなぁ、あんた、ここんとこ、ええ加減な答えしたらえらいことになるさかいに、よう考えてもの言いや
家主 なんじゃ、それは...うちは熨斗だけでもいただきます!
喜六 貰うんやな、貰うなれば...
家主 こ、こらこらこら、座敷に下駄なり上がってどないするんじゃ
喜六 どないもこないもあるか! これが絨毯かい、今に見てけつかれ、思い切り太いやつ出したんねん...う〜ン...う〜ン
家主 おいおい、そんなところでケツ捲くって気張って、どないしょうちゅうねん
喜六 へへへ、腹減ってるさかい、何もでぇへん...
家主 そんなことしたら、もう人間やあらへんで!
喜六 や、やかましゃ! お、お、おまえ、この結構な熨斗のポンポン知ってるか!?
家主 な、なに? ポンポン? どうでもええけど、ケツしもうてしゃべれ!
喜六 けっこ、けっこ、結構な熨斗のぽんぽんを知ってるかちゅうねん
家主 そら、ひょっとして「根本」のことか?
1ぽこぽんぽんや、そう言うてるやないか! そのぽんこんをどこでとる、しば、しばしば、ばうらでとる。しばうらの路地の奥で採る。あ、だれが取る、あ、あまがとる、あまちゅうても絵で見てもきれいななぁ、ホンマに。 絵空事は潮風におケツ触られてよう温くもってんねんど!
 貝とってんのは毛がないおなご、その番してるのは毛むくじゃらや!
おなごは月に一度の月給日があんねんぞ、その月給日のことを手桶番とはこれいかに? そ、そ、その貝をお釜で蒸してむしてむしてむしてむむしむむししろしろろむしむしろのうえでのしてむしてしのていののののし...はぁ...やど!

 でその上で後家とやもめとこんこんちきち、こんちきち、こんこんちきちき...

どないすんねん...

そらいかんぞ!

 いや、ちがう、後家で...いかずや! やもめで...いかず! 仲のええ夫婦が夜通しこんこんちきち、いや違う...そや  孝行せぇや!

 あのな、それおまえどない思う? 後家さん一人で寂しかろう、やもめ一人はなおいかん、そら二人で夜通し、 えへへっ なんなとせぇ!
  
  
祝い熨斗というばかばかしいお噂でございました
  
  
  
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 江戸落語にも同じ「祝い熨斗」はありまして、内容的にもほとんど同じでございますが、この喜六というキャラクターはやはり強烈ですな、江戸版は特に最後の言いたてがちょっと気取った感じがあっていけません。その点、この喜六の言いたての混乱ぶりというものはあぁた、もうわたくし、これ文書に起こしながら、自分で笑うてしまいましたがな...
  


 このソースファイルをダウンロード iwainoshi.csv

ページトップへ