東西落語特選

道 灌



えぇ、毎度ばかばかしいお笑いをお付き合い願います。落語と申しますものはもともとは小噺ってぇまして、短い笑い話みたいなものがだんだんと長い噺になったんですな。小噺ってぇますと、つまり洒落、地口ですな。これがだんだんとふくらんでくると面白くなって参ります。
1 なんですね、このォ、地口てえのは洒落のうちでしょうね?
ご隠居 まあ、そうだな
1 なんか、隠居さんのほうに地口のようなおもしろい洒落がありますかねえ
ご隠居 そうさな。うん、う−、山ィタコが寝ているなんてのほどうだな
1 え−、それはなんです?
ご隠居 タコネヤマ(箱板山)てンだ
1 あぁ、なるほどタコネヤマねえ、うん。じやァ、あっしもやってみましょう。ゴミ取りに目玉がくっついているてえのは、どうですね?
ご隠居 ほう、なんだい、そりやァ?
1 ゴミトリマナコ(のみ取り眼)って...
ご隠居 ほほォ、ノミトリマナコかい
1 えぇ、どうです? できのほうは?
ご隠居 そらァいいな。じゃァ、こんなのはどうだい? お閻魔さまが舌の先ィ、石を乗っけて持ち上げているなんてのはどうだ?
1 そりゃァ、どういうンです?
ご隠居 エンマ舌(縁の下)の力持ち...ってな
1 あー、なるほどね。ヘッヘッ、面白いですね
ご隠居 うん
1 隠居さんなんですか。のべつこんなことやってんですか?
ご隠居 まぁ、のべつというほどでもないが、まぁ、暇にあかせてこういうことを好んでやってるな。そうでないと、退屈でしょうがないからな
うん、そうでしょうね。で、おまえさん隠居っていうけど、どういうわけで隠居なんです? 商売じゃないンでしょうね
ご隠居 隠居なんて商売はないよ。まぁ、いまは隠居をしている
へぇ、若いときから、ズーッと隠居じゃないの?
ご隠居 いや、若いときには、真っ黒になって働いたよ
ほー、やっぱ、あれですか、煙突掃除かなんかしてたんですかい?
ご隠居 そうじゃない。一生懸命になって働くことを、真っ黒くなって働くって云うんだ
あー、そうですか。えぇ、ところで、そこにある、その絵、それ、なんの絵です?
ご隠居 うん、これかい。これは、おまえ、見りゃァわかりそうなものだろう
えぇ? わかンねえなぁ。なんだか知らねえけども、椎茸の親方みてえな帽子をかぶって、虎の皮の股引きはいて、え、突っ立ってる。前で女が、お辞儀して... こりゃァ、だれなんです?
ご隠居このおかたは太田道灌 (室町中期の武将、歌人。江戸城築城に携わった) 公だ
ヘェー、あっしゃぁ知ってますよ。八百屋にあるヤツね
ご隠居 なんだい?
大きなトウガン
ご隠居 大きな冬瓜じゃない。太田道灌だよ
へえー、何してンです?
ご隠居 道灌公が、あるとき狩りにおでかけになった
なるほど、苦しいからね、ウン。まあ「晦日までひとつ」ってのを、「お気の毒です」って断わられちゃった。借金に行ったんだね?
ご隠居 借金じゃない。狩りというのはな、猟に行ったンだ
へえー、リョウにね? ふーん
ご隠居 分かってるのかい? まぁ、山吹の里をお歩きになっていた。まぁ、いまの牛込辺のあたりだな
ふーん...
ご隠居 そのころは、まだいと寂しい時分だな
うーん、ねえ...
ご隠居 すると、そこへにわかの村雨だ
えー、村雨ね。あいつはね、あっしは最中より好きだよ、ウン。茶ァうまく飲ませるもの
ご隠居 おまえさん、何を云ってるんだい。急に降ってくる雨、にわかに降る雨を村雨というんだよ
あぁ...にわかに降る雨が村雨...
ご隠居 そうだよ
じゃァ、ゆっくり降る雨がワニザメ...
ご隠居 ワニザメってえのがあるかよ...さぁ、突然のことで雨具の用意は無い。道灌公がお困りになって、ふと傍らを見るてえと、一軒のあばら屋があった
ヘェー、そんなとこでもやっぱり売れるもんですかねえ? よくやっていけますね?
ご隠居 なんだい?
油屋があったって...
ご隠居 いや、アブラ屋じゃない、アバラ屋だよ。こわれかかった家のことを荒屋という
じゃァしっかりしている家を背骨屋と言う...
ご隠居 云やァしないよ。で、道灌公が訪ねると、歳の頃なら十五、六の賤の女(しずのめ)が出た
あぁ、家が古いから巣を喰ってやがったンだね。スズメが出てきたって?
ご隠居 雀じゃないよ。賤の女だ。いやしい女が出てきたんだ
ああ、芋をかじりながら?
ご隠居 意地汚い女ってぇわけじゃないよ。身なりの粗末な乙女が出て来たってことだ。 道灌公が、雨具をと所望をすると、顔を赤くして奥へ入り、再び出て来たときには、盆の上へ山吹の枝をのせて、出しながら、「お恥ずかしゅうございます」ってんだ
えぇ? 盆の上へ山吹の枝? なんだってそんな場違いなモノを出したんで?
ご隠居 これは雨具がないから、山吹の技を代わりに出したんだ
わかんねぇなぁ...雨具がねぇからって山吹の枝なんか出したって、しようがないじゃないか。えぇ、そんなら、なんだ、蓮の葉っぱかなんか出せばいいや。そいつ、かぶって行くってことができらァ。え、山吹の枝じゃ、しようがないじゃないか。雨ェ払いながら歩かなきゃなんない。そんなもの出すやつあるものか。それで「お恥ずかしい」ってんだろ。そりゃぁお恥ずかしいや、お恥ずかしいに違いないよ、ちぇッ! 笑わせやがらァ!!
ご隠居 なんだよ、えらい云われようだな。まぁ、それはな、お前さんにわからないのも無理もない。道灌公にもこれがおわかりがなかった。

「余が雨具を所望をするのに、何ゆえあってこの乙女は、山吹の枝を出したのであろうな」

とお考えになっていると、ご家来が、

「おそれながら申しあげます。『七重八重花は咲けども山吹の みの一つだに なきぞ悲しき』という古歌がごぎいますから、それになぞらえて、雨具がないというお断わりでございましょう」

道灌公、それを聞いて、

「あぁ、余は歌道に暗い」

とおっしゃった
ヘエー、なんです、そのカドウってえのは?
ご隠居 歌道というのほ、歌の道だ
ああ、歌の道が歌道か
ご隠居 そうだ
じゃァ、水の道が水道だァ
ご隠居 下らないことを云うんじゃないよ。このことがあってからな、道灌公は一心不乱にその道を勉強したな。そして、末は日本一の歌人になった
へえー、水がねえから、燃えるだけ燃えやがったんだな。日本一の火事になった
ご隠居 火事じゃない。歌人...歌をよむ人のことを、歌人という
へえー、じゃァ、よまねえ人をボヤという
ご隠居 ボヤなんて人があるかよ
ねぇ、隠居さん、その小娘が云ったそれは、なにかい、要するに雨具がねえという断わりかい?
ご隠居 まあそうだ。傘なら傘を借りにきたときに、無いという代わりに、その歌で断わったんだな
へえー...えぇっと、なんて云いましたっけ?
ご隠居 七重八重、花は咲けども山吹の、みの一つだに、なきぞ悲しき...だ
へへー、ねえ、そいつをひとつ、書いてくンねえかな、ね
ご隠居 どうするんだい?
どうするったってね、えぇ。いまの村雨みてえなものがザーッと降ってくるってえとね、みんなその、ズプ濡れになりやがって、あっしンとこへ、その道灌になってへぇって来やがってね、傘ァ貸してくれっていいやがんのよ。で、貸してやるってえと、それっきり、持ってったきり返さねえんだ。ことによったら古道具屋に、売っちゃったりするからね
ご隠居 おいおい、人のものを借りて、売るやつがあるのかい?
あるんだよ。お互い様だから..
ご隠居 おい、お前さんも売るのかい?
だからひとつ、その、なんだっけ、こっちはシズのおんなンなってね、え、「お恥ずかしい」かなんか言ってね、そいで、帰しちゃう。その歌ァひとつ書いてくんねえ
ご隠居 あぁ、なるほど
えー、その代わりなんだよ、仮名で書いてくんなくちゃいけねえや。え、本字じゃだめなんだからね、仮名でだよ。ウン。えー、そいつ見せりゃぁことがすむンだから...道灌除けのお札みてぇなもんで...

えー、ちょいと見せてください。なァるほど...へえー、えー、「ななえやえ はなはさけどもやまぶきの みのひとつだに なきぞかなしき」か、ウン。ありがてえ、じゃァ、また来ます
ご隠居 まあいいじゃないか、もう少し遊んどいで...
いや、いけねンだ。ほら、見てご覧なさいな、こう空が薄暗くなってきたでしょ。えぇ、村雨なんぞが来るよ。ね、村雨が来たときに、こっちが道灌になっちゃっちゃ具合がわるいじゃないか。だから急いでうちィ帰ってね、そいでもって、雨具を借りにきたやつがあったら、これを出して、この歌を唱えて追っ払ってやろうって寸法だよ。じゃ、さいならッ

ヘヘッ、ありがてぇ、これさえありゃァ... おやっ、ポツリと来たよ。村雨だょ、こりゃいけねぇ、おれが道灌になっちゃしょうがねえからな

 あー、だんだんだんだん降ってきやがった。うーッと、うわァ、どうだい、ひどい村雨だね、どうも。なんだい、大村雨だ、こりゃァ。

 うわーッ、どうでえ、道灌が通るね。え、いろンな道灌が通りやがンな。自転車に乗っかって行く道灌が通るしな、ああァ、子供おぶって駆けだしていく道灌もいらァ。あ、あー、あの道灌、転んじゃったよ。あー、膝ンとこなぜてやがらァ。痛そうな顔してやがンな、あの道灌はなァ。

へへー、あァ、あすこに犬の道灌がいやがらァ。犬の道灌はいけないね。誰かこねぇかなぁ、誰かきやがったら歌の一節もうなって追っ払うんだけどなぁ、待ってるとこねぇもんだなぁ...
友だち おっ、おうー、うわーッ、ひどい降りだ。ひどいな
あ、来やがったな、道灌め。へへッ... おう、降られたのか?
友だち うへッ、どうも、驚いたぜ。いやぁ、ちょっと借りものがあって来たんだ
ほら、始まりやがった。傘だろう? え、傘だろう?
友だち 傘? いやァ、傘はおめえ、この天気だから、持ってきてらァ
傘持ってるのかい?
友だち あぁ、持ってるよ
この野郎、用心のいい道灌だな、てめえは。うーん、それじゃいってぇ何を借りに来たんだ?
友だち なんだってね、えー、これから本所のほうへ用足しに行くンだけどね...
うん
友だち そこがまた足元が悪くってな、帰りが暗くってしょうがないんだょ...
うん
友だち だから、すまないけど、そこに掛かっている提灯貸してくんねえかなぁ
え?
友だち いや、提灯をよォ...
なにをッ、提灯貸せ? おうっ! なにを言ってやがんでえ。えぇ、提灯貸せってぇ道灌があるかい。ったく、道灌は傘だ! 傘ァ借りに来い!
友だち いや、傘は持ってんだよ。だから提灯貸せってんだよ
そんな用心のいい道灌は、いけねえや
友だち おい、訳のわからねぇことを云ってねぇで、貸してくんねえな
そいじゃ、傘貸してくれってそう云えやい。そう云やァ提灯貸してやるから
友だち なんだよ、そりゃぁ。しようがねえなァ、じやァまあいいや。云うよ。「ひとつ、傘貸してくれ」
ヘヘ、来やがったな。畜生、てめえがな、てめえが道灌で、おれがシズの女だ。覚悟しやがれ! へへッ、「お恥ずかしい」
友だち なんだよ、気味悪いね。なんか出しやがったな。なんだいこりやァ?
読んでみな
友だち えぇ? ななへやへ...
ななへやへ...だってやがらァ。七重八重だよ
友だち あ、七重八重か...うん。七重八重、花は咲けども、やまぶしの、みそひとだると、なべとかましき...
変な読みをするない
友だち 都々逸か?
都々逸だってやがらァ、てめえは歌道が暗いな?
友だち 角が暗いから、提灯借りにきたんだよ
  


 このソースファイルをダウンロード doukan.csv

ページトップへ